サヨナラ、量産型女子 Vol.1

彼女との旅行で、宿を予約せずに…?IT企業社長の、予想外すぎる奇行とは

タイトなスカートに7cmヒール。

どんなに忙しい朝でも、毛先は緩くワンカール。

モテることだけに執着し、典型的な“量産型女子”を演じる円花(まどか)。

しかし年下の起業家男子に恋した女は、思わぬ人生の選択をすることに―。


「円花、例のマッチングアプリの人、会ってみた?」

「んー、まだ。LINEでやり取りはしてるんだけど、なんかピンと来ないんだよね…」

「いやいや、会わないと何も始まんないでしょ」

「まあ、そうだけどさあ」

『A16 TOKYO』でパスタをくるくると巻きながら、雨宮円花は浮かない顔で返事をする。

「そんなこと言ってると、いつまで経っても決められないまま年だけ取るよ?」

―知ってるよ、そんなこと!イチイチ指摘してこなくてもいいじゃない。

大学時代の同級生である加藤穂香の言葉に、円花はイライラを募らせる。

「若さは年々目減りする価値」だなんて、そんなこと分かっている。だけど、この27年間でジム通いやエステといった “自己投資”にかけた金額はダテじゃない。

その投資分を回収するべく、若干の高望みをするくらい、いいじゃないか。

そんな本音を隠して、円花のキャラに似合う猫なで声で「う~ん、もうちょっと選びたいんだよね♡」と、かわいらしく答えた。

そう、円花は生粋のにゃんにゃんOLであり、ぶりっこ上等の“量産型OL”なのだ。

花柄総レースのタイトスカートに、ボディラインに沿う白ニット。東京駅からオフィスに歩いてくるまでに、ザッと15人くらいは被っていそうな、ありきたりなファッション。

でも、これも円花の戦略。

手っ取り早くモテて、将来の夫候補をゲットし、さっさと専業主婦になる。そのための量産型OLだ。

…だけどたまに、こんな自分が窮屈になる。

【サヨナラ、量産型女子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo