男と女の怪談~25歳以下閲覧禁止~ Vol.2

男と女の怪談:白金在住の美人妻。「禁断のアルバイト」が招いた誰にも言えない代償

男と女の、珠玉のラブストーリー。

秋の夜長、「その先」のことを語りましょうか。

待ち受けるのは、深くて暗い、底なし奈落。

恋をしたら決してこの物語を読むことなかれ。
「事実は小説より奇なり」とはよく言ったもの。

この物語の主人公、あなたの知り合いだと気づいても、
どうか、素知らぬフリをして―。

▶前回:婚約破棄された29歳女が半狂乱に…。商社の受付嬢が見た、戦慄の来客予告とは


第2夜「耐える女」


「まったく暁斗は誰に似たんだ?こんなに金をかけてもひとつもモノにならないじゃないか。全部お前のせいだぞ。いいか、小学校受験は絶対失敗するなよ」

外科医の夫が、何の役にも立たない小言を今朝も言っている。

3週間後に迫った一人息子の小学校受験で、家庭内のピリピリは最高潮に達しようとしていた。

「そんなこと言わないで。暁斗、昨日の工作のクラスでもとっても頑張ったのよ。今日は幼稚園が終わったら、そのままお教室の北条先生に願書の最終チェックをお願いに行ってくるね」

洗面所にいる暁斗に聞こえないように、私は必死に夫に声をかけた。

彼の不機嫌の原因、先週末の「入試そっくり模試」の詳細な結果と講評をダイニングテーブルからかき集める。

暁斗は運動神経こそ良かったが、1歳から知育教室に通い、年少から受験専門のお教室に通っているというのにペーパーの点がちっともとれない。

とくに空間図形が致命的で、それは将来医者になることが期待されている暁斗にとって、あまりいい兆候ではない。

おまけに工作も、どれほど私が必死にお教室をはしごしても平均的なレベルで、これまた手先の器用さが必要な外科医になるためには心配な部分だった。

だからこうして夫はことあるごとに私にあたる。「暁斗は沙織に似たのか、どうにも頭が良くなくて不器用で」とはっきり義両親の前で言うこともあった。

でも暁斗を私が見捨てるわけにはいかない。どんなに出来が悪くたって、私の可愛いたった一人の息子なのだ。

絶対に失敗できない。暁斗のために。

私は、暁斗が幼稚園のお迎えを待つ間に入ったプラチナ通りの『スラッシュカフェ』で、コーヒーカップを指が白くなるまで握り締めた。

【男と女の怪談~25歳以下閲覧禁止~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo