水中レストランに五つ星ホテルまで…モルディブ・ドバイでのハネムーンで最も忘れられない思い出は?

東カレデートで誕生する数多くのカップルたち。
そして、その出会いがご縁となって東カレウエディングで形づくる幸せな結婚式。

いままでご紹介してきた隆志さん・智子さん夫婦のストーリーは、まさにそんな理想を実現してきたといえるでしょう。

いままでのストーリー▼
東カレデートでの出会い編
東カレウエディングでの結婚式編

今回は、アナザーストーリーとしてお二人の「ハネムーン編」をご紹介。

予算は?スケールは?こだわりは?・・・
「夫婦」として初めて過ごす旅行だけに、特別な思い出を作りたいカップルも多いはず。

そこで、お二人のハネムーンのこだわりポイントや思い出を聞いてみました!


【登場人物】

隆志(仮名)<男性>…大手企業に勤める30代。真面目で冷静、奥手な性格
智子(仮名)<女性>…歯科衛生士として働く30代。アクティブで明るくポジティブな性格

モルディブの水上コテージにて


【基本情報】

ハネムーン先:モルディブ・ドバイ
期間:6泊8日(モルディブ3泊、ドバイ3泊)
時期:2月下旬~3月上旬(結婚式の次の日~)
費用総額:150万


Q:なぜハネムーン先をモルディブ・ドバイにしたんですか?


智子:ハネムーンの代表的な国に行きたいと思っていたので、モルディブにしました。

水中レストランで食事したり、水上バンガローに泊まって、海を眺めながらシャンパンを飲んだり。私にとってモルディブは、やってみたいことや憧れがたくさん詰まった国でした。

ハネムーンでモルディブに行こうかって話になったとき、友人が帰りにドバイに行くのもおすすめだよと言って、砂漠の中のホテルを教えてくれたんです。

憧れもあったので、ついでに経由地のドバイに行くことになりました。


Q:モルディブはいかがでしたか?


隆志:モルディブのホテルが水上コテージで、大人のリゾートって感じで素敵でした。何を食べても飲んでも費用が込みこみだったので、満喫できましたね。


智子:船でイルカウォッチングをして、シュノーケリングをして…何も考えないでゆったりと過ごしていました。

ドバイの砂漠でラクダ乗りに挑戦



Q:ドバイはいかがでしたか?


智子:ドバイでは対照的に、アクティブにいろいろなところを観光していました。歴史的建造物を見たり、ブルジュ・ハリファに上ってシャンパンを飲んだり。

ドバイの砂漠の中のホテルはすごく印象的で、感動しました。砂漠の中にあるということだけで、大興奮(笑)お部屋は土でできていて、アラジンの王宮みたいな感じ。

食事も豪勢で、ゴージャス。旅行中一番おいしいと思ったのが、香辛料を使ったスパイシーなドバイ料理でしたね。結婚式当日まで食事制限をしていたので、ひたすら食べてました(笑)

ラクダにも乗りました。あまり行けない場所だから、夢みたいでした。


Q:ハネムーンということでこだわっていたポイント、譲れなかったことはありますか?


智子:モルディブの水中レストランと水上バンガロー。あと、ずっと寝ているのが嫌なので、観光したかったですね。観光ならヨーロッパでもできますが、ヨーロッパにはいつか行く機会があるかなと思って。

ザ・新婚という場所にこだわっていたので、「モルディブ」という国は外せなかったです。


隆志:僕はとくにこだわりポイントはなかったですね。結婚式準備で頭がいっぱいだったので…よくこの忙しいタイミングで新婚旅行の話を挟み込むな、すごいなと(笑)

ただ、行ったことがある国は行きたくなかったので、それだけは言いました。


↓東カレデートは下記からご利用頂けます↓
『東カレデート』公式サイト

『東カレデート』は東京カレンダーが提供する、アッパー層専門の審査制デーティングアプリです。(会員登録は無料です)
AppStore、GooglePlayにてダウンロードいただけます。


『東カレウェディング』は、“ワンランク上の結婚式”を提案する、無料の結婚式相談カウンターです。

東京カレンダーならではの豊富な式場とオプションのラインナップの中から、お二人だけの理想のウェディングプランをご提案いたします。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo