一人でも美味しいディナーが食べたいんだ!おひとり様利用にオススメな店7選

長く続くカウンター。メニュー表には自信の肉の部位が掲げられている

がっつり赤身肉を味わうなら肉問屋直営の名店へ!
『炭火焼肉 かるびあ~の』

新橋の『炭火焼肉 かるびあ〜の』といえば、焼き肉好きのあいだでつとに知られた存在。

フレッシュでジューシィな赤身肉の美味しさはもちろんだが、同店は長く続くカウンター席をメインにしており、一人でも気軽に焼肉を味わえるのも魅力のひとつ。

フレッシュな赤身肉が豊富に揃う。時期によって短角牛など、さまざまな赤身肉を扱っている

肉問屋を経営するオーナーの横内誠さんいわく「サシが入っている肉に比べて赤身は冷凍をするとドリップが出てしまうため、ごまかしが効かない。だからこそ“生”の状態にこだわる」のだという。

時期によって短角牛など、さまざまな赤身肉を扱うが、短角よりも若干サシがあるものの、赤身の性質をきちんと持っていて味にバラつきのないあか牛を、横内さんも高く評価している。

基本的に肉を焼くのはセルフだが、余裕のある時間帯であればスタッフが、美味しく焼くコツを伝授してくれる場合も。

「シンシン」(100g 1,500円)。仕入れの状況や部位によってはブロックでのオーダーも可

「赤身の肉に関して言えば、火を入れ過ぎないことが大事。良質の牧草を食べて育ったあか牛ならではの、さわやかで充実した旨みを楽しんでもらいたい」

自分のペースで赤身肉を好きなだけ。ここはまさに、肉好きのパラダイスだ。

オープンキッチンのカウンター席をメインに、テーブル席も備わる

おひとりさまポーションにも対応してくれる
代々木八幡人気イタリアン『ルーチェ』

一人でもワインと共に美味しいイタリアンを味わいたい…

そんな日にぴったりなのが代々木八幡に位置するイタリア郷土料理と自然派ワインが楽しめる『ルーチェ』だ。

シェフが作り出す料理は、シンプルながらも素材の美味しさが最大限に引き出され、ワインが進む品ばかり。

写真はパスタの一例。日により変更あり

現在はその日の仕入れにより日替わりのメニューを提供。旬の食材を取り入れ、シェフの遊び心を感じる品を用意してくれるのだ。

また、おひとりさまでも楽しめるよう料理はポーションの調整も可能なのが嬉しい。

美味しいものを食べたい夜は、仕事帰りにふらっと一杯飲みに訪れるのもいいだろう。

貴重なロゼワインなどボトルワイン(4000円~)も多数用意

料理に合わせて、様々な自然派ワインを楽しめるのも『ルーチェ』の魅力。

常時100種ほどを揃えており、グラス(700円~)でも10種ほどを楽しむ事ができる。

途中で空いた場合は、違うものを用意してくれるので、一晩で多くのワインに出会えるのもワイン好きには嬉しい。

店内のデザインは“パリの街中にある鮨屋”をイメージ

おひとり様ウェルカム!バーのようなオシャレ鮨店
『スシキサラギ』

都営三田線三田駅から徒歩すぐに位置する『スシキサラギ』。初めて訪れたならその鮨店らしからぬモダンな佇まいに、まず驚くだろう。

戸惑いつつ店内へと入れば、コンクリートの内装にハイチェアが並び、まるでオシャレなイタリアンにでもいるような感覚に陥ってしまう。

同店で腕を振るうのは、若き店主・金城和樹氏。

「女性や若い人でも気軽に鮨を楽しめる場所を作りたい」という彼の想いが、店内のデザインから伝わってくる。

「おまかせコース」(1人前10,000円)

そんな空間で味わうのは「おまかせコース」(1人前10,000円)。つまみ3品、握り10貫という大満足のコースを、この価格で楽しめるのは嬉しい限り。

つまみ3品を楽しんだ後は、握り10貫が供される。地元・沖縄で『きさらぎ寿司』を営む父の影響もあり、幼い頃から鮨職人を目指してきた金城氏。

リーズナブルな値段でありながらも、使用するネタや食材に一切妥協はしない。

毎朝自ら豊洲市場に出向き、納得のいく良質なネタを仕入れているのだ。

女性でもひと口で頬張りやすい小ぶりな握りは、甘めのシャリとネタが口のなかでとろけるように握られる。

都営三田線三田駅A9出口を出て、左手に進みすぐのビル一階に位置

ハイスツールでも疲れずリラックスできるよう、足元にちょうどよく足置きがあったり、口開け直後のフレッシュな日本酒の味を楽しんで貰えるよう小さめの1.7合瓶でお酒を供したり、どこまでもゲスト想いに満ちた『スシキサラギ』。

そんな魅力に惹かれる女性も多く、時にはおひとり様の女性だけで店内が満席になることもあるというから驚きだ。

おひとり様でも、遠慮せず思いっきりお鮨を味わいたい!そんな日にこそ『スシキサラギ』を訪れて欲しい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo