旨い!辛い!食欲が止まらない!どんどんご飯が進んじゃう絶品キーマカレー4選

ミシュラン掲載の行列の店や、大阪から東京進出した名店など、今キーマカレーに注目が集まっている。

旨味たっぷりな挽肉に香り高いスパイスがクセになる、ごはんが止まらない組み合わせの最高峰だ。

卵黄やひとくせあるトッピングでその美味しさは無限に増幅していく!都内の名店をご紹介しよう。

「奥久慈卵を使用した東京軍鶏の石焼キーマカレー丼」

バターと奥久慈卵のコクがたまらない!石焼キーマカレー『輝々 麻布』

ランチタイムの親子丼が大人気の麻布十番にある和創料理店『輝々 麻布』。

名物の石焼き親子丼と同じく人気なのが「奥久慈卵を使用した東京軍鶏の石焼キーマカレー丼」。

キーマカレーも特製の鶏ガラ出汁をベースに、鶏挽肉、特製スパイスで作り上げている。

特徴は、ご飯、卵、キーマカレーという三層で構成されているところ。

おこげも楽しめるのは、石焼ならでは!

まず全体を支えるご飯は、バターとカレー粉を混ぜ合わせ、とろみのある卵にもカレー粉をプラス。

どちらもキーマカレーの層との相性抜群で、鶏挽肉を使用していながらも、食べ応えある味わいに仕上げられている。

高級感漂う店内は、テーブル席と個室を備える

どちらも食べ進めて行くと、バターを纏ったご飯がほどよくこげていき、香ばしい香りが漂い始める。

この変化が同メニューの魅力のひとつ。香ばしいおこげを作りながら食べ進めたい!

キーマカレー、目玉焼きトッピング

化学調味料不使用でカラダに優しいキーマカレー 『TADA CURRY』

昔から美味しいお店が多い目黒だが、実はカレーも激戦区。生まれも育ちも目黒という物腰柔らかいご夫婦が経営するのが『TADA CURRY』。

カウンターの中で優しく微笑むのは店主と奥様。もともと、それぞれでお店を経営されていたが、結婚を機にこのお店を開いたのだとか。

同店の「キーマカレー」は、アメ色になるまで煮詰めた玉ねぎなどの野菜の甘みと、豚挽き肉の旨みがじっくりと引き出され、丁寧な仕事が感じられる。

また、3種の豆の食感も良く、隠し味にプラスしたタマリンドの酸味も抜群。目玉焼きをトッピングすれば、誰もが喜ぶ一皿の完成だ。

玉ねぎのアチャールと福神漬けは自家製。アチャールとは、玉ねぎで作るインドの漬物のこと

アットホームな雰囲気の店内

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo