港区のど真ん中なのに知られていない、贅沢な隠れ家ホテル3選


シチュエーションで選べる自由なデザインの客室が楽しい
「ROPPONGI HOTEL S」@西麻布


西麻布交差点から近い六本木通り沿いの「ROPPONGI HOTEL S」は、その外観はいわゆるホテルと違い、むしろお洒落なオフィスビル。

内観が暗めなので外からは察しづらいが、実はレジデンスも運営する計47室を擁するホテルである。

11の異なるデザインを展開するのが面白く、例えば檜風呂と茶室を備えた日本旅館のような客室や、階段を上った先にバスルームがあるメゾネット式のスイートなど、ユニークなレイアウトの客室が揃う。

寝室とバスルームが一体化した「Patio Room」27㎡は一泊一室¥28,000~。


ガラスの仕切りは回転ドアとなり、お風呂とベッドの間を簡単に行き来できる。

独立したバスルームではない分、客室が広く見える効果もあり、天井高も3.5mと高い。


また、他のホテルにないサービスが、時間貸しのスペース「HR salon」(40㎡)があること。

景観もよい13Fには居心地のよいリビングとキッチンが広がり、例えばシャンパンをもち込んで下のレストランで軽食をオーダーなんて使い方もあり。

子連れの会や仲間内の飲み会、バー代わりの2軒目として重宝されている。1時間¥6,000~。


館内はライトが落とされ、廊下で人とすれ違っても顔がわからないほどの暗さ。

壁の仕様がユニークで、随所にアートが飾られている。


目立った看板はなく、グレーのビルにグレーの文字でビル名の如く『HOTEL S』と書いてあるのみ。

六本木ヒルズのほど近く、人が行き交う六本木通りにしてホテルだと気づいていない人も多い。

まさに港区のど真ん中の、隠れ家ホテルなのだ。

■施設概要
住所:港区西麻布1-11-6
TEL:03-5771-2469
料金:一泊一室¥18,800~

月刊誌最新号は「大人しかいない隠れ家」がテーマ!

最新号の購入方法はこちらでご紹介!

ネット購入なら、雑誌購読が一気に身近になる!
【ネットでのお求めは、AmazonもしくはFujisanで!】

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は2/21(金)から。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo