週末バイブル Vol.1

週末バイブル:交際3年目の煮え切らない彼氏。休日、女がひとりでホテルに向かった理由とは?

17:15 テラス席にて本を片手にハッピーアワー


銀座でのショッピングを楽しんだ後は、ホテルへ戻って『NAMIKI667』へ向かう。

シャンパンを片手に、忙しくて手付かずだった本を開いて、読書タイムだ。暖かい時期であれば、ここのテラス席は最高の場所。

ふとテラス席から銀座の街を眺めると幸せそうなカップルが目に入り、唐突に恋人の隼人のことを思い出してしまって、慌てて首を横に振る。

ーううん、今日は隼人のことは忘れよう。


こちらのバーでは、ハッピーアワーの18時から20時まで(2月10日〜)はグラスワインも600円で飲むことができるので、2杯目は白ワインをオーダー。

心地の良い空間に身を置き、ゆっくりと流れていく時間。バーの店員さんと会話をしているうちに、いつしか安心感に満たされていた。

18:20 『NAMIKI667』で東京・銀座ならではの素敵なディナーをワインと共に


バー&ラウンジでアペリティフを楽しんだ後は、『NAMIKI667』で待ちに待ったディナーの時間だ。

いつもなら、女性一人でコース料理をオーダーするのは人目を気にしてしまうけれど、ホテル内ダイニングだったら気兼ねなく楽しめる。

東京・銀座ならではの旬の食材をふんだんに取り入れた、見た目も美しく心が豊かになるディナー。


こちらのお店では、「さしすせそ」の調味料全てが東京都産。

シグネチャーである藁でローストされた「東京都産 秋川牛のロースト」を口に運ぶと、幸せに包まれる。

ゆっくりと食事に向き合いながら、誰に気を使うこともなく、好きなワインを飲み、美味しく食事を愉しむ時間。最後にカツサンドまで平らげ、幸せに浸る。


さっきまで隼人のことで悶々としていたはずなのに、食事が終わる頃にはすっかり忘れていた。

20:30 『資生堂パーラー』でシメパフェ


ディナーのあとは、ホテルから徒歩5分の『資生堂パーラー 銀座本店サロン・ド・カフェ』へ。11月にリニューアルされたばかりのこちらの店舗で、今流行の「シメパフェ」を楽しむことにした。

贅沢なコース料理のあとに、ボリュームたっぷりのストロベリーパフェで〆るという幸福。

ー普段だったら、カロリーを気にして出来ないけれど…。

自分を甘やかすと決めた今夜だけは特別なのだ。

【週末バイブル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo