懐かしい固めプリンが無性に食べたくなる!名店で味わえるとっておきの贅沢プリン7選

WiFiや電源コンセントといった設備を備える

どこか懐かしいプリンアラモードはSNS映え間違いなし!
『Åre(オーレ)』の「プリンアラモード」

渋谷駅から徒歩5分。2017年4月にオープンしたSHIBUYA CAST内に『Åre(オーレ)』はある。

開放感あふれ、北欧テイストのおしゃれな店内で、ぜひ味わって欲しいのは「プリンアラモード」だ。

「プリンアラモード」(980円)

喫茶店文化が根付いた名古屋出身のオーナーがこだわり抜いて作り上げたという渾身のビジュアルは、これを目当てに訪れる女性も多い人気ぶり。

シルバーの器にしっかりと存在感を放つプリンが鎮座し、その脇にはカラフルでフレッシュなフルーツがこれでもかと彩りを添える。

この贅沢な一皿は、見ているだけでも幸せになれそう。

これぞ王道!という懐かしい味わいのプリンも美味

ボリュームがあるように見える「プリンアラモード」だが、実際に食べてみると女性ひとりでもペロリと完食できるサイズ感。

クリームやアイスよりも、フルーツをたっぷりと使用しているため、するりとお腹におさまってくれる。

SNS映え間違いなしのスイーツ目当てに、週末は『Åre(オーレ)』を訪れてみてはいかが?

六本木のランドマークとしてあまりにも有名なスポット

昭和テイスト満載のデザートは、令和の今見ても、魅力的
『アマンド 六本木店』の「長寿卵のなめらかプリンアラモード」

六本木のランドマークとして不動の知名度を誇る『アマンド 六本木店』。

甘味と喫茶の店として創業し、実は店名の由来は“甘人(あまんど)”という説もあるだけに、昭和コンシャスなデザートに力を入れている。

「長寿卵のなめらかプリンアラモード」(単品1,320円)※提供は14:00以降

「長寿卵のなめらかプリンアラモード」は、器も盛り付けも“ザ・プリンアラモード”といった王道の趣。

敢えて固めに作った専用のプリンに、ストロベリーアイスクリーム、生クリーム、フルーツにウエハース、そして真っ赤なさくらんぼ!

子供の頃に憧れた、華やかな一品と久々の再会を!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo