クリスマスデートを控えた今の季節、男は“休日ジャケット”をただ一枚用意すればいい!

「週末くらい、スーツやジャケットからは解放されたい」。そう強く望む男性は多いはず。

だが、大切な誰かと過ごす年に一度の“特別”な週末、きちんと感のあるこのアイテムはやっぱり使える。

今、大人の男がジャケットを見直すべき理由とは、何なのだろうか?

東カレがおすすめするジャケットスタイルの中から、この冬手に入れたい一枚を是非、見つけてみて欲しい。


平日5日間をほぼスーツで過ごす男性が、休日に楽なスタイルを求めるのは頷ける。でも、暦を見ると12月21日の土曜日が、イヴに最も近い週末だと分かる。

大人になるにつれ余裕が出来て〝イヴこそ正義〞ではなくなるから、きっと大人たちが大切な誰かと過ごすクリスマスディナーは21、22日の週末が山場だろう。

ディナー当日、その〝誰か〞は、きっと特別にお洒落して店を訪れるはず。大切な相手とならば、男性の方も、いつもの週末とはひと味違う装いをするのが、大人としてのマナーだ。

そんな冬の特別なシーンで活躍するアイテムといえば、言わずもがな、ジャケットである。


クリスマスディナーともなれば、訪れる店は普段よりも特別かつ上質であるに違いない。

お店側からきちんとした大人だと認識してもらうためにも、この夜のためにお洒落をしてきた女性をがっかりさせないためにも、休日用のジャケットを一着、新調してみるのは悪くない。


休日用ジャケットと一言でいってもその種類やバリエーションはさまざま。

肩パッドや裏地も無い楽チンなものから、ドレッシーなベルベッド素材のものまで多岐にわたる。実際そのチョイスは好みだったり、持っている服のテイストに揃えたりと、その人次第だ。

むしろ、自分らしく力を抜いて着られるものが望ましい。


〝等身大の自分だけど今日はちょっとだけお洒落〞。どこか特別感があったり、自身の気分を上げるためだけでもいい。

とっておきのイベントを控えたこの時期に、ジャケットをアップデートするのは、大人の男として賢い選択といえるのだ。

スタイリングに使用したジャケットはこちら!

きちんと見えするのはもちろんのことながら、休日用のジャケットなのだから自分らしさや、羽織って気持ちが上がる、というところも大切だ。

自分自身の好みや、クローゼットの中と相談して、使いやすい一枚を選びたい。

シンプルな冬仕様の一着は持っておいて良し!

一着あれば安心なネイビーのジャケットは、秋冬も活躍の場は多い。2パッチ型のポケットでほど良いカジュアルさと、リラックスした雰囲気ゆえ、肩肘張らずに着こなせる。休日用ジャケットの最初の一枚にもぴったりだ。

¥226,000〈ボリオリ/三崎商事 TEL:03-5775-1211〉


冬らしいチェックも品の良さが大切

ベージュ×グリーンのチェック柄は、ブリティッシュテイストを休日の装いに取り入れるのにはもってこい。敬遠しがちなチェック柄も、全身をベージュ~ブラウンのワントーンでまとめてれば上品に映える。

¥137,000〈サルトリオ/エストネーション TEL:0120-503-97〉


大人ならこれくらい主張する一着も◎

グレンプレイド、チェンジポケット等、旬のブリティッシュムードをそこかしこに纏わせた着心地抜群な一着。策を弄さずともこのジャケットとタートルニットさえあればサマになる。

¥84,000〈ビームスF/ビームス 六本木ヒルズ TEL:03-5775-1623〉


ベルベットというだけで上質な空気を纏える

水を湛えたような上品な光沢を放つネイビーベルベット素材のジャケットは、特別感もひとしお。エレガントなジャケットで、いつもの装いを簡単にドレスアップすることができる。

¥275,000〈ラルフ ローレン パープル レーベル/ラルフ ローレン0120-3274-20〉


定番ブレザーも“黒”というこなれ感

紺のブレザーだと如何せんありきたりな感じが滲み出てしまうが、黒のブレザーなら大人の色気が醸し出される。同系色で全身をまとめることによって、より一層洗練されたムードに仕上がるのだ。

¥43,000〈エストネーション TEL:0120-503-971〉

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo