高級肉にふかひれ、シャンパン…ホテルの「曜日限定プラン」が今アツい!

平日は英気を養いたいし、休日はゆっくり過ごしたい。曜日によって気分は変わるもの。

そんなニーズを叶えるのがホテルの曜日別プラン。しかも、お得感も満載なのだから行かない手はない!


木曜日にちょっと贅沢をして、週末に向けての勢いをつける!
『アトリウム』@東京ステーションホテルの「サースティ サーズデイ」

「サースティ サーズデイ(Thirsty Thursday)とはアメリカのフレーズで“週末まであと一日! 飲みに行って頑張ろう!”という意味。

この言葉のとおり、同ホテルは料理付きのフリーフローを木曜限定で提供。

フレンチシェフによる料理も本格筋で、駅舎の屋根裏というロケーションもスペシャル!

【内容】
6品の料理にデザートとコーヒー+赤白ワイン、スパークリングワイン、ソフトドリンクのフリーフロー
価格:¥11,000 ※10月1日から¥11,500(ともに税サ込)
提供時間:毎週木曜18:30または19:00スタート~(2時間、30分前にL.O.)
※予約可能人数2~12名


特別なお食事会も兼ねられるフレンチ6品付きのフリーフロー
『ザ・ビストロ』@ホテル椿山荘東京の「フリーフロー付きパーティープラン」

フリーフローといえども夕食もしっかり食べたいという方におすすめするのがこちら。

料理例は、カボチャのスープにサーモンのポワレ、鴨むね肉のローストなど。

赤白ワインとスパークリングに合わせたカジュアルなフレンチを6品提供している。

場所はクラシックなインテリアが揃う『ザ・ビストロ』なので、少し特別なお食事会にも最適。

食前に広い庭を散歩すれば緑に癒されて、仕事モードから気分も切り替わる。

一日3組限定なので、早めの予約が賢明だ。


【内容】
6品の料理にデザートとコーヒー+赤白ワイン、スパークリングワイン、ビール、ソフトドリンクのフリーフロー
価格:¥7,410(サ別)
提供時間:平日17:00~22:00(フリーフローは90分制、L.O.21:00)
※前日までに要予約、一日3組限定


ホテルのクオリティはそのままに驚きの価格で奔放に楽しめる!
『ニューヨークラウンジ』@ホテル インターコンチネンタル 東京ベイの「平日限定フリーフロープラン」

会社の仲間と、当日思いたって飲もうとなった時、これほどありがたいプランはない。驚くのがその料金設定。

ワインやビール、カクテルまで好きなだけ飲めて、さらにおつまみもつき、ひとり込み込み¥3,500!

また、フリーフローが150分と長めなのも珍しく、時間を気にし過ぎなくてよいのがありがたい。

天井が高くゆったりとしたソファのある『ニューヨークラウンジ』は優雅さも満点で、席につけば前述の価格がよりお得だと実感するだろう。


【内容】
7種のおつまみ+赤白ワイン、スパークリングワイン、ビール、カクテル10種、ウイスキー2種、ノンアルコールカクテル3種のフリーフロー
価格:¥2,868(サ別)
提供時間:平日17:00~22:00(150分制、L.O.は30分前。最終入店 19:30)


夕暮れから夜景まで、東京の絶景を堪能しながら飲むならここしかない!
『テーブルナイントウキョウ』@品川プリンスホテルの「トウキョウ ソワレ」

なぜこのホテルがフリーフロー付きのハイティーを提供するかといえば、そのロケーションを満喫して欲しいから。

『テーブルナイントウキョウ』は地上140mに位置し、巨大な窓が立ち並ぶ。

窓の外にはパノラミックな景色が広がり、夕暮れどきとなれば刻々と色を変える空が幻想的なほど美しい!

そんなシーンを間近に、支払い額を気にせず飲めるとは貴重。

ミニバーガーや国産牛のビーフシチューなどの料理に加え、10種のスイーツもつくのでデートにも喜ばれるはず。


【内容】
6種のセイボリーに10種のデザート+赤白ワイン、スパークリングワイン、ビール、ソフトドリンクのフリーフロー
価格:¥4,800(サ込)
提供時間:11月26日までの月曜・火曜 17:00~20:00(L.O.19:00)

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo