渋谷の人気店が手がける軽快フレンチ誕生!〆の本格欧風カレーも絶品だ!

「餃子」。合わせたのは「カーブドッチ ペンギン(ケルナー) 2018 白」

豊富な経験から生み出される多彩な料理

様々な経験をもつ米山氏は、料理のバリエーションも豊富。

コースの中で異色を放つのがこちらの「餃子」だ。季節毎に、具材やソースを変えながら度々登場する料理のひとつだという。

この日は、ホタテと芝エビ、セロリを中に潜ませ、サマートリュフのソースをかけた餃子が登場。

もちっと、ジューシーに仕上げられた餃子は、まるでラビオリかのような繊細な味わいである。

「松濤カレー」(1,800円)

食事のラストにはぜひ「松濤カレー」を味わって

「本日のおまかせ」の中にも「魯肉飯」や「カオマンガイ」などバリエーション豊かな〆の料理も『かんらかんら』を訪れる人の楽しみのひとつ。

そんな絶品コース最後まで味わい、お腹に余裕があればぜひ「松濤カレー」もオーダーしてほしい。

以前働いていたレストランのシェフ直伝のレシピで作り上げる「松濤カレー」は、専門店レベルの美味しさ。

このカレーの味に惚れ込み、いつかはカレーを提供する店を営業したいと思っていたと語る米山氏。『かんらかんら』でその夢を実現したのだ。

カレーの奥深い味わいを楽しんで

手間暇かけて丁寧に抽出するブイヨンを使用して仕上げられたルーは、コク深く濃厚。

具はシンプルに黒毛和牛のネックのみだが、この牛肉がまた柔らかくもジューシーで絶品なのである。

口に運ぶ度、ルーに潜んでいる奥深い味わいが次から次に溢れ出してくる。

このカレーを食べずして『かんらかんら』は語れない一品と言えるだろう。

好みの日本ワインと共に、絶品料理を味わうひと時を過ごせる

自ら選び抜いた日本ワインを揃え、提供する際には丁寧にワインの味わいの説明も加えてくれる米山氏。

通うほどに、新しい日本ワインの魅力に気がつかせてくれるのである。

そんなワイン好きが集う新店『かんらかんら』は完全予約制。訪れたくなったなら、同店のFaceBookページをチェックしてみてほしい。

完全予約制だが、一度は訪れたい話題の新店だ。

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo