夏の手土産に最高!フルーツをまるごと使ったひんやりスイーツの新店だ!

※こちらの店舗は、現在オンラインバーチャルショップに移転しております。


圧倒的に美しいアイスクリームは、手土産にも自分へのご褒美にも最適だ。

昨年12月に銀座に誕生した『ポワール・デ・ロワ銀座』。大阪の老舗洋菓子店が手がけたワンランク上のアイスクリーム専門店の東京進出だ。

既にその美味しさと華やかなビジュアルが話題となっている!この夏はこの一品を食べずには始まらない。

まるで宝石店のようにラグジュアリーな空間

アイスクリームの常識を覆す美味しさ!

暑い夏にぴったりの手土産をお探しなら、迷わず訪れたいのが銀座の『ポワール・デ・ロワ 銀座』だ。

同店は、2019年に創業50周年を迎えた大阪の老舗洋菓子店『POIRE/ポアール』が手がけたアイスクリーム専門店。

アイスクリームとは言っても、通常想像するアイスクリームとは見た目も、味わいも全く異なり、今まで食べてきたアイスの常識を覆すレベルの魅力を秘めた一品なのである。

まずは看板商品である「フルーツソルベ」の美味しさを紹介していこう。

色んなフルーツソルベを試して欲しい

本物のフルーツよりも美味しい!? フルーツソルベとは?

厳選した新鮮なフルーツを丸ごと使用し、一つ一つ丁寧に果肉をくり抜いていく。

そうして取り出した果汁は、上質な生クリーム等と共に、なめらかなシャーベットに仕上げられ、果実の皮を器にした『ポワール・デ・ロワ 銀座』でしか味わえない「フルーツソルベ」となるのである。

使用するフルーツにより違った美味しさが楽しめるので、まずはアイテム毎に魅力をお伝えしていこう。

「Pomme ポンム」(1個 5,200円+税 時価)※価格は撮影時のもの

鮮やかな紅色の極薄皮の器が映える!

「フルーツソルベ」の中でも人気が高いのが、青森県の特定農家から仕入れる「陸奥」を使用。通常は市場に出回らない大きいサイズのリンゴから作られる「ポンム」だ。

リンゴの繊細な香りと甘みがすっと口いっぱいに広がっていく感覚が堪らなく絶品。

職人技が感じられるのは、器となっている皮の薄さ。わずか1mmという薄さでありながら、徹底した温度管理によって果実の時間を止め、美しい紅色を維持。

見た目は完全にリンゴというのも、箱を開けたときのサプライズがあり手土産にすれば喜ばれること間違いなしの一品なのである。

「melon メロン」(1/8カット 1,500円+税 時価)※価格は撮影時のもの

一度は味わいたい“メロンを越えた美味しさ”!

続いては「メロン」を紹介したい。

季節に合わせた産地から届く厳選メロンを使用して作られており、その美味しさは“本物のメロンを越えた”と言っても過言ではないほど。

職人の徹底した管理の元、追熟させたメロンの果実だけでなく、上質な生クリームがメロンの高貴な香りをさらに引き立たせ、何度も口に運びたくさせるのである。

「citron シトロン」(860円+税)

色んなフルーツソルベを試して見たくなる

「シトロン」も味わってみて欲しい一品のひとつ。

季節によって、使用するレモンは異なるが、口に運ぶ度、レモンならではの爽やかな酸味が駆け抜け、クセになるほど美味である。

レモンの皮を丸ごと器にしており、シャーベットの上にちょこんと帽子のように被さるビジュアルも“映え”間違いなし。

「orange オランジュ」(860円+税)

カルフォルニア産の完熟オレンジを使用した「オランジュ」や「アナナス」など、通年販売するアイテムの他、その時期しか味わえない季節限定商品も登場。

「Ananas アナナス」(750円+税)

何度も訪れ、全てのアイテムを味わってみたくなるほど、「フルーツソルベ」は人を虜にする美味しさを秘めているのだ!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo