空前の東京鮨ブームはホテルに波及中!最高峰の鮨がいただける東京ホテル4選

※こちらの店舗は、現在閉店しております。

15歳から鮨の道に入り、7年前に独立した小高雄一氏


鮨の“食べどき”を極める実力派が渾身で挑む新天地
『蔵六雄山』@ザ・キタノホテル東京

六本木『蔵六雄山』の店主、小高雄一氏に出店した『ザ・キタノホテル東京』。

六本木と平河町では客層も環境もまるで違うが、自分の店に鮨を食べに来たホテル関係者の誘いに即答。晴れてホテルの誕生と同じ今年4月のオープンとなった。

小高氏も平河町に時おり来るが、基本的には小高氏の技術を譲り受ける佐伯真生氏に店をまかせる。

10日ねかせた石垣島の大トロ。「マグロは薄く切った方が脂をより繊細に感じられる」とは小高氏


熟成鮨で名高い『蔵六雄山』だが、実は当初から熟成ではなく〝食べどき〞を提唱している。

目指すは魚それぞれのベストな旨味と香り、舌触りを味わえる最良のタイミング。

「ご挨拶代わりの中トロです」と最初に出される握りを食べれば、その意図を実感するだろう。

厚みのあるタチウオの天ぷらにバフンウニをのせた温菜。

弱火で時間をかけて炊いたあん肝は、豆腐のような柔らかさでいて、あん肝自体の味をしっかりと感じられる。

地下1Fの『蔵六雄山』へは、ホテル正面横にある階段から誰にも会わずに入店できる。

また、六本木では昼の営業はしていないが、ここでは価格を抑えたランチの握りも提供予定。それは平河町に通いたくなる、手の届く贅沢だ。

【価格】
・昼(握り13貫)¥12,500またはおまかせ¥25,000
・夜おまかせ¥25,000 ※ともに税サ別、完全予約制

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo