肉汁がジュワッとあふれ出す!旨味たっぷりの焼売が味わえる都内の名店5選

「シウマイ全種盛り合わせ」(6個/800円)などリーズナブルな品揃え

弁当でも美味しいシウマイは、蒸したてだとべらぼうに旨い!『崎陽軒』

あのシウマイ弁当で根強い人気の『崎陽軒』。冷めていても美味しいそのシウマイを、蒸したてをお店で頂けたらどれだけ美味しいのだろう。

そんな夢のような崎陽軒の店舗が『シウマイBAR』として誕生!

ご存じの通り「生ビール」(ジョッキ550円、グラス450円)との相性も抜群!

崎陽軒といえば、昭和3年に発売を開始した「昔ながらのシウマイ」や、旅や出張のお供に最適の「シウマイ弁当」が有名だ。そんな崎陽軒が東京駅出店に際し、打ち出したのが気軽に崎陽軒の味を楽しめるバルスタイル。

そんな『シウマイBAR(バル)』を訪れたなら、頼んでおきたい品がある。それが「シウマイ全種盛り合わせ(6種)」だ。

「シウマイ全種盛り合わせ」の内容は、「昔ながらのシウマイ」、「かにシウマイ」、「黒豚シウマイ」、「特製シウマイ」、「えびシウマイ」、「季節のシウマイ」の全6種。

崎陽軒のシウマイが食べられるレストランは横浜市などに数店舗あるが、このような食べ比べスタイルが楽しめるのは『シウマイBAR』だけである!

1つ目におすすめの「昔ながらのシウマイ」

まずは、豚肉と干帆立貝柱の豊かな風味が特徴の冷めても美味しい「昔ながらのシウマイ」をご賞味あれ。これが全てのシウマイ美味しさのベースとなっている。

2つ目は「特製シウマイ」がいいだろう。こちらは「昔ながらのシウマイ」よりも多くの干帆立貝柱を使用することで、より深い味わいとなっている。

続いてはお好みで、粗挽きされた黒豚の旨みが特徴の「黒豚シウマイ」、プリッとした海老の食感が堪らない「えびシウマイ」などと味わっていこう。

「季節のシウマイ」は時期により内容が異なるが、この日は「きのこのシウマイ」を提供。マイタケ、椎茸、ブナシメジ、エリンギの4種類が入っており、1粒でいろいろな食感と風味を楽しめる。

もしも6個では物足りないなと感じたら、気に入ったシウマイを追加オーダーしよう。

「ジューシー!ウニしゅうまい」※1個から追加可能

濃厚な生うにがたっぷり!『右京』のシュウマイ

『十番右京』の魅力的な料理は、〆のご飯ものだけに留まらない。とにかく食べて欲しいのが「ジューシー!ウニしゅうまい」だ。

鶏肉を使用した自家製のシュウマイを丁寧に蒸し上げ、その上に手作りのうにのソースをかける。そして極めつけにうにものせるのだ。上品に箸で割って食べようとせず、ぜひ1個をそのままひと口で頬張って欲しい。

まず、口当たりの滑らかなシュウマイの美味しさが襲い、後から追いかけるように濃厚ながら絶妙な加減で仕上げられたうにソースの旨み、そして生うにのプリプリ食感が一体となって押し寄せてくる!

1個が口の中から無くなるのはあっという間で「あの美味しさはなんだったのだ?」とつい追加オーダーしたくなる、そんな絶品料理である。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。



【東カレ読者のリアルな恋愛観を教えてください!】
東京の、厳しい婚活事情をサバイブしている男女の恋愛事情を、今一度調査するべく、緊急アンケートを実施させていただきます。

ぜひ皆さまの「生の声」を沢山お寄せください。皆さまからいただいた内容は、今後のコンテンツ作りの参考にさせていただきます。

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/BIX3GC02

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo