中目黒の住宅街に佇むアートすぎる鮨屋が、連日SNSを賑わしている!

2019年も早4ヵ月。

日々新店ができる中で、既に話題になっている本当の注目店のみを総力取材!

今回紹介するのは、今年2月、中目黒にオープンしたばかりの『宇田津 鮨』だ。

美術館のような絵画の存在感。3カ月ごとに替わるので来るたび、新たな印象を受ける


鮨好きの舌をも納得させる鮨屋であり、大人の遊び場。

そう例えたくなるほどユニークな店だ。

普通の鮨屋とまるで違う内装にまず驚き、そして、鮨の美しさに笑みがこぼれる。

比類なき店こそ人に推薦したくなる。

そんなことを実感する、個性を放つ新店なのだ。

端正で無駄のない外観。中目黒の路地裏という隠れ家的な立地も洒落ている


中目黒駅から少し離れた住宅街に、『宇田津 鮨』の入る一軒家はひっそりと佇んでいる。

看板は極めて小さく、もとは神社の戸だった和風金物が打たれた一枚扉が目印。

扉を引いて中のインターフォンを押すと2枚目の扉が開き、その瞬間、想定外の光景が目に飛び込む。

鮨屋のはずがグレーの壁にモダンアートが4枚飾られ、まるでギャラリーのようなのだ。

扉の横の小さな窓には、鮨屋らしからぬ店のロゴ。今後3階にはバーのオープン予定もあり


そんな造りには背景がある。

実はオーナーは世界中の名だたる店を食べ歩く食通でアートへの造詣も深く、かつ鮨をこよなく愛する人。

自身が尊敬するアートと鮨を融合させたのがこの店なのだ。

アートは季節ごとに作家が替わり常に見応え十分。

また、肝心の大将は銀座の某一流星付き店出身の宇田津 久氏が務める。

鮨道楽が惚れ込んでスカウトした、確かな腕の職人だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo