百戦錬磨の美女もインスタで自慢!行くだけでステータスな広尾の予約困難店とは

話題の店は、インスタグラムを騒がすfoodie美女が、知っている。

今、広尾の『長谷川 稔』の予約が幻レベルとなっている。美食家垂涎のプラチナチケットは、次にいつ手に入るかわからない。

そんな話題の店へ、foodie美女たちはすでに行っていた。

グルメ専用アカウント「yummyumm.ay」を持つ美食家のモデル、秋本祐希さん。


年間900軒のお店をめぐる食ブロガーの、美食ソムリエAsaco®さん(アカウント「bishoku_sommeliere」)。

そして、食べ歩き7年、「mai_rstrnt」で好きなレストランを紹介しているインスタグラマー田中麻衣さんだ。

店で食事をした彼女たちは口々に言う。「信じられないくらい美味しい」と。その味を数年後まで待つ人が今も多くいる。


次の予約は2021年!確かな技術に裏付けされた「#予約困難店」
『長谷川 稔』


次回の予約のチャンスは2021年の春以降。

気の遠くなる話だが、長谷川稔氏の料理を求め、数年先であってもその一日を優先して予定を組む人がいくらでもいる。

来店できた人は嬉しさで店名入りのおしぼりをSNSにアップしてしまうほどだ。

東京でのブレイクは早かった。北海道で星を獲得して約1年後の昨年4月、広尾に店を構えると噂の新店として食通たちがたった数席の店を目指した。そして、『長谷川 稔』に圧倒された。

漆黒の扉やおしぼりに刻まれた武田双雲の書を見たことがある人は多いはず。

一階が個室、二階がカウンターで、1日3回転、一度に4名までしか入れないプレミアム感がたまらない、とは美女たちの共通の弁。

どれも器とお料理のバランスが素晴らしく口に運ぶ前からドキドキ。たくさん楽しませていただきました

百戦錬磨のモデル美女、秋本さんも、やっぱりおしぼりを上げてしまうほどそのネームバリューは凄まじい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo