今夜は金曜日!最高の出会いを成就させる二軒目は、ソファがある大人なバーだった!

翌日がお休みの金曜日。ゆっくりと語り合える、そんな夜はソファのあるバーをおすすめしたい。

腰かけると体を優しく包み込む上質なソファがあれば、そこは極上のリラックス空間。

ゆったりとしたソファに座れば、気分も安らぎ自然と饒舌になり会話も弾む。では、詳しくソファがあるバーの魅力について解説しよう。


■■最新号をすぐに手に入れたい方は、FujisanもしくはAmazonで!!■■

失敗しない二軒目選びが、お食事会成功のカギ

20時からスタートしたお食事会は、美味しいごはんのおかげで大成功。楽しい時間はあっという間に過ぎ、気付けば22時。

そろそろお開きにするか…。でも、せっかく盛り上がったのに、このまま別れてしまうのは惜しい。

とはいえ、盛り上がった気分を引きずりカラオケやショットバーなどワイワイした店へ行くのはちょっと子供っぽい。

そんな時、大人が選ぶべき二軒目はソファのあるバーだ。

ソファのあるバーでしか感じられない、高揚感がある

お互いが気になる男女が、並んで座ることができるソファ。物理的に距離が近い分、ひざは自然とぶつかり、笑い合う表情も必然的に距離が近くなる。

ソファのあるバーの最大の魅力は、この近接した距離感にある。向かい合って座るような店では叶わない、この密接感が気分を高揚させるのだ。

さらに、おさえめに調光された明りや、センスの良い音楽、バーテンダーが規則的に奏でるシェイカーの音に癒され、気分はどんどん安らいでいく。

この空間で過ごすという選択が出来ることが大人なのだ。

西麻布、南青山、恵比寿には大人のソファのあるバーが充実

東京カレンダー最新号では、西麻布、南青山、恵比寿にあるソファのあるバーを7軒紹介している。

西麻布にある『BOCTOK』などの定番から、紹介がなければ入れない『Hiruko』など、こなれた印象のバーばかりを厳選した。

距離感を一気に縮められるソファのあるバーは、二軒目の大本命に!

「もうちょっと飲みませんか?」そんな誘い文句に潜ませる淡い期待。この期待を現実のものとして叶えることができるのがソファのあるバーだ。

今夜の二軒目はソファがあるバーを選んでみてはどうだろうか?

月刊誌最新号は「金曜夜、もう一杯だけ」がテーマ!

金曜夜は、すべてのことから解放され「もうちょっと飲みたい」という二軒目への欲求に素直に応じてみては?

東京カレンダー最新号では、金曜夜に上質な時間が過ごせる大人な二軒目を大特集!「レストランをワインバー使い」や「深夜でも美味しく楽しめるビストロ」など東カレらしい店ばかりをピックアップ。リアリティのある「金曜夜」を提案する。


【月刊誌のお求めは・・・】
・ダイナミックな写真で見たい方は、月刊誌最新号をamazonもしくはfujisanで!

・スマホで情報を持ち歩き見たい方は、デジタル版最新号をfujisanもしくはKindleで!

・東京の夜の情報をコンプリートしたい方は、fujisanでお得な定期購読を!

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は3/20(水)から。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo