翌日はお休みの特別な夜!金曜夜にもう一杯飲みたくなる4つの理由が月刊誌最新号に!

翌日の仕事を気にせず、開放的な気分で楽しめる金曜夜。そんな自由がきく夜だからこそ、その過ごし方は千差万別。

そこで今回は「大人が二軒目に向かう理由」と題し、絶賛発売中の東京カレンダー最新号の中からチョイスした、金曜夜の様々な過ごし方を提示したいと思う。

さらに、それぞれのシーンに合わせた二軒目の選び方もご紹介しよう。


■■最新号をすぐに手に入れたい方は、FujisanもしくはAmazonで!!■■

≪大人が二軒目に向かう理由①≫
大切な人と、もう少し一緒にいたい・・・

翌日に仕事のない、金曜夜は大切な人とゆっくりと過ごせる特別な夜。そんな日は、少しでも長い時間一緒にいたい。

そんな時間を、よりスペシャルなものにしたいなら、スタイリッシュでムードがある店を選ぶのが正解だ。

スタイリッシュな空間に身を置くことで、非日常感が味わえ気分は高揚する。この高揚感を大切な人と長時間味わえることが、金曜夜の醍醐味なのだ。

東京カレンダー最新号では、西麻布にオープンしたばかりの『ベルソーニョ』など、行くだけで高揚できるスタイリッシュな2軒目を紹介している。失敗しない二軒目選びの秘訣を、ぜひご覧頂きたい。

≪大人が二軒目に向かう理由②≫
気心知れた仲間と飲んで食べて盛り上がりたい!

気心知れた仲間との夕食。お互いの近況報告をし合うだけでも、時間はあっという間に過ぎる。でも、まだまだ語り足りない!じゃあ2軒目に行こう!そうなるのは必然だろう。

デートでも、お食事会でもない、気心知れた仲間との2軒目なら、肩肘張らないちょっと良い居酒屋がおすすめだ。

居酒屋であれば、隣席を気にすることなく笑い合うことが出来る。だが、ただの居酒屋では駄目だ。気の効いた居酒屋であることが重要なのだ。

選ぶ基準は料理の美味しさや、落ち着いた雰囲気、さらには立地が良いこと。この3つが揃って初めて大人が2軒目に行くべき居酒屋となる。

東京カレンダー最新号ではこの定義をクリアしたお店を4軒ピックアップした。広めのお店が中心なので、予約なしでも今夜行ける名店ばかりだ。

≪大人が二軒目に向かう理由③≫
明日を気にせず、心地よく酔って夜を楽しみたい!

金曜夜の最大の価値は、明日が休みなのですべてのことから解き放たれること。つまり、時間を気にせず好きにお酒を飲めるということだ。特に、お酒好きの恋人と一緒ならなおさらだろう。

二人で美味しいディナーを楽しんだ後の二軒目は、センスのいいワインと料理がつまめるビストロがいい。

リラックスした気分で、ボトルを開けてワインを楽しむ。平日を忙しく過ごす大人には、こんな何気ない時間が最高の贅沢になる。

東京カレンダー最新号ではお洒落だけど、気負わずに楽しめる7軒を厳選。ビストロ特有の、フランクさが二人の仲をより親密にしてくれるに違いない。

≪大人が二軒目に向かう理由④≫
気持ちに余裕があるから、ゆったりと語りあいたい

比較的話の合う同期と会食した夜。一軒目で淡泊に終わるような間柄じゃないけど、終電過ぎまでダラダラと飲む仲でもない。とはいえ、もう一杯だけ・・・。

そんな夜には蕎麦屋でアテをつまみに冷酒を飲む、そんな粋な蕎麦前を楽しむのはどうだろうか?

六本木界隈では最近、遅い時間でも本格蕎麦が楽しめる名店が増えている。しかも、場所柄、スタイリッシュな店も多いので色々なシーンで重宝しそうだ。

東京カレンダー最新号では、22時以降でも入れるお洒落な蕎麦屋を3軒紹介している。同僚と語りたい、そんな夜に活用して欲しい。

上記してきたように、大人が二軒目に行くべき理由は様々のようだ。今夜は金曜日。東京カレンダーの最新号を見て、あなたも友人や大切な人を誘って、大人の二軒目を楽しんで欲しい。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。



【東カレ読者のリアルな恋愛観を教えてください!】
東京の、厳しい婚活事情をサバイブしている男女の恋愛事情を、今一度調査するべく、緊急アンケートを実施させていただきます。

ぜひ皆さまの「生の声」を沢山お寄せください。皆さまからいただいた内容は、今後のコンテンツ作りの参考にさせていただきます。

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/BIX3GC02

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo