先週のアクセスランキング!1位は、「夫の遊び相手は、あなただけじゃない」。妻からの電話で、略奪女が決めた覚悟とは

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“略奪女が決めた覚悟”に“衝撃を与えた、友人からの冷たい助言”から“男にモテたくて使った“禁じ手””まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
「夫の遊び相手は、あなただけじゃない」。妻からの電話で、略奪女が決めた覚悟とは

「…もしもし」

スマホ画面を見て、大谷の妻からだとすぐにわかった。前にかかってきた際、念のため番号を登録しておいたのだ。

一瞬だけ、出るのを躊躇った。しかし結局応答したのは、妻の後ろに大谷がいるかもしれないと思ったから。大谷との接点を失った今、妻からの電話さえ彼へ繋がる糸に思えた。

だがそんな風に思った私は、やはり甘かった。

続きはこちら

★第2位
妻が受けた、7つの恐ろしい仕打ち。27歳の女を震撼させた、夫の異常な行動とは

「リコン…って?マミちゃん、何言ってるの?」

玄関先で真美が言い放った言葉の意味を、陽介はすぐに理解できないようだった。

「だから、離婚してほしいの。今日はそれを話すために、ここに戻ったの。」

先に家の中へ入った真美は、自らを落ち着かせるように長く息を吐くと、呆然としたままの夫の方を振り返った。

続きはこちら

★第3位
「そんな旦那さん、私だったら離婚する」。夫を支える30歳妻に衝撃を与えた、友人からの冷たい助言

応接室には、先日電話をくれた人事部の松野と、雄太の直属の上司である本田が座っている。

本田は、紺色ストライプのスーツに身を包み、鋭い眼光と浅黒い肌が特徴的な、いかにも外資系というオーラを放った少々威圧感のある男だ。

雄太から以前、最年少でディレクターになったやり手と聞いた気がする。

あずさが雄太の状態や診断について一通り説明すると、松野は書類を差し出し、顔色ひとつ変えずに言い放つ。

続きはこちら

★第4位
最低だった夫との別れを決意してから、1年半。妻が“離婚”に踏み切らなかった意外な理由とは

「だいたい片付いたわね。じゃ、りあちゃんとお散歩してくるから」

そうして母と娘が出かけてしまい、細々とした荷物を整理するため、私と健太が新居に残る。

私たちは片付けの間中、りあのことをあれこれ話しながら微笑み合っていた。

夫の穏やかな笑顔を見つめながら、ぼんやりと思い出す。私たちの関係は、永久に修復できないのではないかと思うほど、一度は壊れかけてしまったことを。

続きはこちら

★第5位
「私、まだまだイケるでしょ?」34歳・セレブ妻が、男にモテたくて使った“禁じ手”とは

もう10年以上前の話…しかし34歳になった今でもこの通り、まだ私は女として需要があるのだ。

興味ないフリしてたって、愛妻家だなんだと言ったって、私がちょっと弱さを見せただけでコロッと靡くのだから。

ちなみに「離婚するかも」と言ったのは、真実かと言われると微妙だ。「離婚したいと思っている程度」というのが正しい。

しかし丸っ切り嘘をついたわけではないし、非難されるほどの罪ではないと思う。少なくとも私は、こうでもしないとやっていられなかったのだ。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >



【東カレ読者アンケート実施中!】

割引チケットももらえる!今話題の『カスタマイズピッツァ専門店』の素敵なプレゼントをもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo