寒いから外に出ずに自宅で美味しいものが食べたい!絶品お取り寄せ鍋4選

まだまだ寒くて、週末も外出が億劫になる時期…。でも美味しいものは食べたいし…。

こんな気候だと、自宅でも“あの名店の鍋”を楽しみたい!と思う人も多いのでは?

今回は、全国各地の名店・名物お取り寄せ鍋セットをセレクト。鍋パーティーにもぴったりの逸品をご紹介しよう!

「黒毛和牛すき焼きセットA」12,960円(約3人前)

圧倒的な霜降りの迫力至れり尽くせり贅沢鍋『人形町今半』の黒毛和牛すき焼き

言わずと知れたすき焼きの名店『人形町今半』。

誰もが憧れる見事な霜降り肉は、銘柄や産地によるものではなく、老舗ならではの自慢の目利きにより吟味したものだ。

とろけるような肩ロースを、伝統の割下で。ただ一点留意すべきことは、くれぐれも煮過ぎないように!

こちらのセットは、すき焼き必須具材のねぎ・しいたけ・春菊・焼き豆腐・白滝・丁字麩に、お吸い物までセットになっている。あとは鍋さえあれば、開宴OKという買い物いらずの一品だ。

●『人形町今半』
http://store.imahan.com/
TEL:03-5652-5738
FAX:03-3666-4528

「温泉湯豆腐A-20」2,160円(3~5人前)

嬉野温泉名物の豆腐を味わうトロトロ鍋
『佐嘉平川屋』の湯豆腐鍋

佐賀県嬉野温泉は、日本三大美肌の湯として有名な名湯。

名物の温泉湯豆腐を味わえる鍋セットがこちら。老舗豆腐店が、豆腐を味わうために作った渾身の鍋セットなのだ。

地元の大豆で作った豆腐を湯豆腐にするのだが、付属の調理水(温泉水)を温めて豆腐を入れコトコト炊いているうちに湯は白濁し、豆腐は溶けて角がなくなってくる。

この柔らかな豆腐をすくって味わえば、気分はほっこり。気分は嬉野温泉の宿へトリップしてしまうかも?!

お好みで野菜を加えたり、白濁したスープで豚しゃぶをするのもおすすめの食べ方だ。

●『佐嘉平川屋』
http://www.saga-hirakawaya.jp/shop/
TEL:0120-35-4112
FAX:0954-36-4339

「京野菜鍋」9,720円(2人前)

京都の冬を味わうならはんなり白味噌で
『紫野和久傳』の京野菜鍋

京都・高台寺門前にある料亭『和久傳』と言えばこれからの時期、紅葉を楽しむ粋人たちで連日満員なはず。

そんな名店の味のおもたせ専門店『紫野和久傳』の鍋セットがこちら。

海老いもや金時にんじん、聖護院大根といった冬の京野菜、生湯葉やごま豆腐などを彩りよく籠に並べ、その美しさはさすがである。

さらに秀逸なのが白味噌仕立ての出汁で、まろやかでとろりと甘いく冬の京都の味を象徴するものだと言えよう。仕上げに添えるゆずや辛子もセットになっており、完成度はますますアップ!

ちょっと特別な日に、冬の京都の寒くて凛とした雰囲気を思い浮かべながら、ゆったりしっぽりと味わいたい鍋だ。

●『紫野和久傳』
http://shop.wakuden.kyoto/shop/
TEL:075-495-5588
FAX:075-495-5577

「とらふぐちりセット」8,035円

本場・下関漁港で80年!新鮮さばきたて
『ふぐ問屋下関さかい』のとらふぐ

冬の鍋を語る上で、見過ごすわけにはいかないのが「ふぐちり」。下関では”福を呼ぶ”ために「ふくちり」とも発音しますね。

ふぐの名産地・下関唐戸魚市場にて仲卸として80余年の歴史がある問屋が提供するのがこちら。料亭に卸すのと同等のふぐを、手軽な値段でお取り寄せるできるのだから、物流の進化に感謝である!

決して作り置きはせず、注文が入ってからさばいて発送しているので、新鮮さが何よりのウリだ。食べやすく切ったアラと身、特製のポン酢、薬味のセットなので、野菜はご自身でご用意いただきたい。

鍋セットだけにとどまらず、刺身付きの「とらふぐ刺身ちりセット」(19,008円~)もおすすめの逸品。

●『ふぐ問屋下関さかい』
https://www.fugu-sakai.com/ec/
TEL:083-231-1470
FAX:083-231-3540

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo