尾崎牛のユッケに、“うに”がオン!飯テロ級な見た目の「うにくユッケ」が、渋谷に降臨

クリスマスディナーや忘年会の予定がびっしりの人にとっては、様々な料理をいただく12月。

飽食気味な生活の中でも、この極上のコラボメニューを前にしたら、自然と足を運んでしまうはず…といった新店を発見した!

無添加ウニとブランド和牛「尾崎牛」の贅沢すぎるコラボを味わえる『ゆっけ⼩屋』が、先月末に神泉にオープンしている。

その品質と鮮度ゆえ、最高級の海の幸と和牛を刺身やユッケで堪能できる、一挙両得なお店なのだ。さあ、まずは詳細をチェックして損はない!

人気のうに専門店『うに小屋』の系列店として誕生したのは、『ゆっけ小屋 裏うに小屋渋谷2号店』。自慢のウニと、尾崎牛を二枚看板に掲げる新店だ。

ウニはもちろんのこと、特筆すべきは尾崎牛。その身は火入れしてもほぼ縮まず、上品ながらあっさりとした脂の質は、世界中の有名店から支持されている。甘いのにあっさりした脂は、胃もたれすることなく食べられるとか。しかも丁寧に長期熟成しているので、旨みは倍増!

オープン記念として、一部メニューは期間限定でお得にいただけるとか。ぜひ、お見逃しなく!

オープン記念価格も実施中!「雲丹ユッケ」など、必食ラインナップはこちら

※価格はすべて税抜


「うに小屋のTKG(たまごかけごはん)」

価格:1,400円

グループ店『うに小屋』の超人気〆メニューがこれ!

無添加うに、いくら、とびこがたっぷりのった贅沢すぎる玉子かけごはん。

イクラ&飛び子のプチプチ食感と、うにと卵の贅沢でクリーミーな味わいが存分に味わえる。


「雲丹しゃぶ」

価格:1,990円(1人前)(※ご注文は2⼈前より)

刺身用の完全無添加の塩水うにをしゃぶしゃぶでいただく贅沢!

3~4秒だけ軽くしゃぶしゃぶし、特製うに塩をパラリとひと振りすれば、うにの甘みがさらに楽しめる。〆はうにの旨味たっぷりの出汁で作る雑炊をどうぞ。


「《尾崎牛×無添加うに》雲丹ユッケ」

価格:2,400円

日本で唯一、個人名がブランドになった和牛「尾崎牛」と北海道直送の極上の無添加ウニとのコラボレーション。

お肉の赤身の濃厚な旨味と霜降りの甘い脂の旨みが押し寄せる!うには卵黄に見立てて、尾崎牛のユッケにオン。

ここでしか味わえない濃厚なコクと甘みのコラボは必食!まさに素材勝負の逸品だ。


「《尾崎牛×無添加うにスペシャリテ》うにくスペシャル」

価格:3,500円 (1⼈前)(※ご注文は2⼈前より)

コレを食べれば、尾崎牛とウニのすごさがわかる!「尾崎牛赤身刺」「尾崎牛ゆっけ」「特選うに刺し×2種」の盛り合わせ。

4種の味は組み合わせ次第で無限の味が楽しめる、こちらも必食のスペシャリテなのだ。

※​2018/12/30(日)までオープン記念の2,500円でご提供!


「尾崎牛シャトーブリアンのロゼカツ」

価格:4,200円(80g)

⽜⾁の最⾼峰部位シャトーブリアンを使ったカツは、その肉質だからこそできる揚げ時間30秒という極レアで提供。

トリュフ塩をつけてサクッと頬張れば、⽢く上質な⾁の旨味が口いっぱいに広がっていく。


「尾崎牛3種グリル盛り合わせ」

価格:5,200円(小/1.5〜2⼈前)
   10,400円 (⼤/3〜4⼈前)

尾崎⽜の⾚⾝⾁、A5特撰フィレまたはシャトーブリアン、とろ⽕⼊⾁の3種部位を⾷べ⽐べできるグリル。焼き加減はもちろんレアで、肉本来の美味しさをご堪能あれ!

※​2018/12/30(日)までオープン特価価格!3,900円(小)、7,800円(大)で提供中!

他にも、名物の「超濃厚うにグラタン」や、うにダレで⾷べる「⼩樽イカソーメン」など、20 種の特選うにメニューが味わえる。

北海道から空輸される驚きの完全⽣刺し「⽣刺⽩⼦ポン酢」など、ここでしか味わえない逸品も、チェックしよう!

■新店概要

店名:ゆっけ⼩屋 裏うに⼩屋渋⾕2号店
住所:渋⾕区神泉8-12 1F
営業時間:【火曜~土曜】18:00~23:30
     【日曜】 17:00~22:30
定休日:月曜(⽉1回程度メンテナンス店休あり)
電話番号:050-5596-1116

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる 「神泡サーバー」をもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo