むしろこのカレーを食べるのが目的だ!お楽しみの肉屋の〆カレー5選

本日の赤身塊肉は木箱に入れてテーブルに。歓声とシャッター音が鳴り響く

『赤身とホルモン焼 のんき』の「『29』カレー」

肉好きなら知らないものはいないだろう肉の名峰こと吉祥寺の『肉山』、牛ホルモンの火付け役である『ホルモン酒場 焼酎家 わ』。そしてシロタレが絶品の人気店『もつ焼き のんき』が、肉好きの舌を唸らす最強のコラボを実現させた。

その店とは『赤身とホルモン焼 のんき』 。塊で焼く赤身肉、新鮮かつ仕事が丁寧なホルモン、産直の新鮮野菜、それぞれの看板メニューがここに集結!

目の前に運ばれてくるのは、捌きたての美しい塊肉。これは肉ラヴァーでなくても歓声をあげたくなるはず。その塊肉はカウンター前の焼き台でじっくりと焼かれていく。

焼き方は吉祥寺の『肉山』の光山英明氏直伝。固すぎず、柔らかすぎず、完璧な焼き加減。予約は半年先とも1年先とも言われる、肉好きが登りたくても登れない“山”の味がここにある。

赤身塊肉のイチボ。焼き人の腕が確かだからこそジューシーで甘みを感じる肉に仕上がる

『肉山』指定の黒毛和種は人気のイチボ、ランプ、内腿を用意しているが、入らない場合はシンシンやトモサンカクに変わることも。焼きあがった肉はカットされテーブルに。

まずは肉自体の味わいを楽しんだら、付け合わせも楽しもう。かなりのボリュームの塊肉なのに、ペロリと食べられてしまうから不思議だ。

肉山チリマスタード、わさび、コチュジャンがあるが、ここは光山氏考案の「黄身醤油」で食べたい。

高松の鎌田醤油に溶いた黄身の色からして違う、この新鮮極まりない卵が、とろりと肉にからまり、あまりのおいしさに衝撃が走る。

見よ! この美しきホルモンたちを! レバー、ウルテ、タン、ギアラなど『わ』の「塩ホルモン9点盛り」(2人前 2,000円)

ガラスの器に盛られた美しいホルモンは、オリーブオイルと塩で下味をつけ、好みで一味唐辛子をかける。

ホルモンはやはり七輪焼きが一番! 厚さや大きさで焼く時間を判断してベストなタイミングで食べる!

これだけきれいに処理されていれば美味しいに違いない。網は牛脂を塗って張り付かないようにしてくれる、この心配りが嬉しいではないか!

これが肉の名店が作る絶品カレーだ。肉がゴロゴロ入った採算度外視のシメ飯

肉も野菜も楽しんだあと、シメに食べたいのが「『29』カレー」だ。

『29』と書いてあるってことはもしや『肉山』のカレー? そう、あの、肉が盛り盛りのカレーだ! これで500円って、ものすごくお得な感じ。

カウンター席で塊肉の焼けるのを見るのもよし、テーブル席で仲間とワイワイするのもよし、どちらにしても元気になれる

肉の出汁が効いているのかサラリと軽いのにコクがあって絶品だ!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo