疲れた体には納豆が効く!しみじみと旨すぎる納豆グルメ6選

季節の変わり目に夏の疲れが出て、なんだかだるさが抜けないあなた!

疲れた身体にスタミナをつけて、もうひと踏ん張りしたいもの。

そんな時食べたいのが美味しくて体にもいい「納豆」。粘り強くパワーアップを!

「納豆チャーハン」(1,430円)※ランチ1,300円

粘りは少なく香りと旨みが増す!魅惑の名物「納豆チャーハン」

骨董通りの小原流会館にある名店『中華風家庭料理 ふーみん』。神宮前から南平台を経て、この地に移転して以来表参道で愛され続けている。

ファッションや音楽業界、文化人の多い土地柄から、開業当時からの常連客の中には著名人も多数おり、昼夜問わず賑わいをみせる人気店だ。

そんな舌の肥えた人々を虜にし続けているのが、名物「納豆チャーハン」。

職人技が成せる絶妙な味付けのバランスと、火加減、鍋振りの技術がこの味を生んでいるのだろう

チャーハンに納豆という、斬新な組み合わせでありながら、なぜかクセになる。その誕生は神宮前時代の常連客の一言からだった。

「納豆のおいしい食べ方知っている?肉と炒めると美味しいらしいよ!」という話を常連客から聞いたふーみんママは、早速試作。食べてみるとその美味しさに驚き、即メニュー化!

「挽肉と納豆炒め」からアレンジを加えていき「納豆ご飯」、「納豆チャーハン」と徐々に増えていったのだ。

こんなに納豆の美味しさが引き出されるコツ。それは、まず卵を半熟に炒めたところに、ご飯を入れる。

お米に卵を纏わせるように炒めたら、ネギを入れて香りを出す。ネギの香りが出たら叉焼、人参、搾菜を入れて、もうひと炒め。

塩で味を調えたら、最後に納豆と青ネギを投入。最後に醤油を鍋肌に垂らして、香りを付けたら完成だ。

納豆は最後にそのまま加え、粘りを出さないのがポイント!

「豚肉の梅干煮定食」(1,100円)。梅干しを加えて1時間半ほど煮込まれる豚肉は、トロトロした食感だがさっぱりとした味わいでいくらでも食べられてしまう

定番メニューの他、旬の食材を使った料理も揃え、行くたびに新しい料理に出会えるのも嬉しい。

厨房の活気が客席にも伝わり、ついつい色々な料理を試してみたくなってしまう

ふーみんママが大切にしているのは店名の通り「中華風家庭料理」であること。毎日食べても飽きず、初めて食べたのに懐かしさを感じてホッとする…。

長年愛され続けている理由は、こういった優しい想いが全ての料理に込められているからだろう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo