西麻布ならやっぱり鮨でしょ!人気店ぞろいの鮨6選、全部知ってる?

酒肴と握りが織り成す絶妙なコース展開『すし藤森』

店主・藤森康博氏が提案するのは、酒肴と握りを交互に出すという斬新なスタイル。

例えば口取りは季節野菜のすり流し、握りの手始めは中トロ。続いて刺身や焼き物を織り交ぜつつ、美食の宴は徐々に盛り上がる。

ディナー利用は17,000円〜。旬魚を絶妙なテンポで提供し、食べ手を引き込む仕事振りこそ藤森氏の真骨頂だ。

スタイリッシュな設えと正統派鮨の稀有な出合いがもたらす至福『西麻布 拓』

数々の名店を経て独立した店主・佐藤卓也氏。

スタイリッシュな内装、余裕を持った8席のカウンター、個室もカウンター席で構成という個性的な設えに、その先鋭的な感覚は表れている。

鮨のコースも旬の味をバランス良く盛り込んだ自由闊達なスタイル。誰しもを満足させる、新世代の鮨店。

左から時計回りに、ヤリイカ、赤貝、エビ。立派な車エビは茹でてネタに。「いつもこのサイズを握っています」と轡田氏。食べ応えも十分で、常連が必ず頼む人気の握り

西麻布の進化を見守ってきたザ・江戸前鮨屋『笄鮨』

店名の〝笄(コウガイ)〞とは60年代まで実在した町名から。

現在の西麻布はエリアの多くが麻布笄町だった。

「笄って女性が髪を結う道具なんだけど、甲賀と伊賀両家の武家屋敷がこの辺りにあったから笄って説も」。店主・轡田一男氏は言う。

この場所に店を開いたのは80年代。元々は奥さまが生まれ育った場所で当時、鮨屋は1、2軒しかなかった。
「いつだったか、モンスーンカフェができて。それから賑やかになっていった」。街の進化を見守ってきた氏だが仕事ぶりは不変。

颯爽と握る姿からも気っ風の良さを感じる

たとえばヤリイカは、細く切ってから握る江戸前伝統の手法で。

ねっとりとした食感も好もしく、刻みショウガが心地良い清涼感を口中にもたらす。

カウンターのみの1階に対し、2階は座敷を用意

手をかけるものは手をかけ、握っている。

10年がひと区切りなら、もうすぐ3周の計算だ。

「そうは言うけど、普通にやっているだけなんですよ」

常連で賑わうカウンターの光景は江戸の頃から連綿と受け継がれてきた〝ザ・江戸前鮨屋〞の風格。心和む。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo