煮沸 Vol.2

開けてはならぬ記憶の扉が、いま動く。この男の記憶は、すべて都合良く歪曲された幻なのか?


『十分。幼少期から、十分、あなたは壊れはじめています』

飯島が放った言葉が、喫煙部屋のタールのように脳裏にこびりついて離れない。

触らずとも、ベタベタしていることが感覚でわかる。

『記憶はね、”認識”なんです。事実に解釈が加わって、はじめて記憶です。誰でもいい人生だったって思えるように、うまくできてるんですよ』


時計の針は17時半を指している。夕食の後の『余暇時間』だ。

今日は父について、最も鮮明な記憶を書いてみることにする。


父親


小学校中学年を過ぎた頃から、父がよく家にいるようになった。

公立校だったが越境通学をしていたため、近所に友達のいなかった私は、家に帰ると父がいることが嬉しかった。

「お父さん、頭痛いの治った?」

返事はない。

「この前ね、家庭科で野菜炒め習ったんだよ。僕、作ってあげるよ」


体育座りで佇む父の周りで、忙しく家事をする母と、飼っていた亀が突然死んだと大騒ぎする兄が走り回る。腕で目を覆った父はまるで、数を数えるかくれんぼの鬼のようだ。

「お父さん、頭・・・」
「恵一!お父さんは大丈夫だから!」

母が低く震えた声で言う。私は慌ててグローブを持って壁ぶつけをしに外へ出た。



その日の夜だったと思う。

私は、笑っていない大人の、とても大きな笑顔を見た。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
全然毛色の違う話だけど、どんどん面白くなってくる!
お父さんの笑顔、どういう意味だったんだろう?
「スーツを着るような仕事」「研究職はダメだ」って、じゃあその並んだスーツは誰のなんだろう?
2018/08/09 05:3399+返信4件
No Name
こ、怖い〜😭💦
でもなんか読んでしまう😅
報われますように!
2018/08/09 05:2199+
No Name
お兄さんなんていません。
で鳥肌たった〜!
誰とゲームしてたのー?
2018/08/09 06:1099+返信12件
もっと見る ( 139 件 )

【煮沸】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo