辛い!旨い!箸が止まらない!夏こそ食べたくなる絶品鍋はコレだ

猛暑日が続き、夏バテ気味という人が多いだろう。そんな人におすすめなのが、『赤から』の新作旨辛鍋!

唐辛子や山椒の辛みだけでなく、具材の旨みもたっぷりと感じるスープは、食欲が無いという人もついついおかわりしてしまうほどの美味しさ。

暑い時こそ激辛グルメで逆に爽快に!今しか食べられない絶品鍋を2種ご紹介しよう!

「激辛15周年赤から鍋 ~ダーリン食べるっちゃ♡ラムが作る火をふく激辛唐辛子鍋~」(一人前 各1,290円 ※注文は2人前~)

激辛好きへの挑戦状!史上最強レベルの辛さを誇る鍋が登場

全国に264店舗を展開する『赤から』。名物の「赤から鍋」をはじめとする旨辛メニューが勢揃いしているが、今回創業15周年を記念し、激辛好きへの挑戦状ともとれる辛さレベルMAXの鍋が登場した。

目の前に運ばれてきた瞬間にノックアウトされる人も多いのではなかろうかというほど、真っ赤なビジュアルが印象的なこちら。

なんと一人前に唐辛子30本分も入っており、通常お店で提供されている「赤から鍋」の最高辛さレベルを優に超えているという。

ニラとにんにくもトッピングされ、スタミナ満点!

具材は白菜やもやしといった野菜に加え、肉団子や油あげなどがたっぷり。しかしこれらが隠れてしまうほど、真っ赤な唐辛子で染められている。

火を付けグツグツと煮込まれる様子を眺めていると、次第に湯気にのって唐辛子の香りが漂ってくる。この時点で汗がじわり。

そして完成の合図が入り、意を決しまずはスープからいただいてみると、意外と辛くない。しかし数秒後、口の中全体に火を吹くような辛さが!

“辛いもの好き”ではなく“激辛好き”向けのこの唐辛子レベルは、『赤から』の本領発揮とでも言うべきか。これは満足度の高い辛さだ。

唐辛子の辛さと具材の旨みが染み出たスープの美味しさは、思わず白ご飯を頼みたくなる

しかし不思議なのが、ヒィヒィ言いながら食べるほどの辛さであるにも関わらず、次から次へと食べる手が止まらない。

その秘密は、スープに肉味噌やハチミツを使っているから。ただ辛いだけでなくコクも感じるため、誰もがクセになってしまうのだという。

この旨辛の虜になったら、夏バテなんて何のその。最後のスープ一滴まで残さず完食してしまうこと間違いなし!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo