丸の内エリートが仕事モードをオフにするのは、新丸ビルのあのテラス!

東京が誇るオフィス街、丸の内。この街で働くビジネスマンたちが仕事を終えた、次の約束までの小1時間。オフィス至近の“穴場テラス”でビールを煽り、仕事モードをオフにする。デキる大人は、こんなテラス使いができるのだ。


サクッと一杯だけのビールは、新丸ビルでキャッシュオンが正解
『RIGOLETTO WINE AND BAR』

巷で言われる働き方改革なぞ、どこ吹く風。ホワイト企業に勤める丸の内エリートの多くは、夕方になればサッと仕事を切り上げ、プライベートタイムを有意義に過ごす。

たとえば、19時過ぎにお食事会のアポが入っていた場合、約束までの空き時間も有効的に活用。行きつけのバーでサクッと一杯もいいが、この季節ならば断然、テラスが気持ちいい。

店内は早い時間から賑わうが、夕暮れ時のテラスはまだ静かなことも多い


日中、気を張る案件にかかりきりだったから、夕暮れの風を感じられるテラス席は、スイッチをオフにするのに一番いい。

そんなときに重宝するのが、オフィスビルでありながら、開放的なテラスを擁する、新丸ビルの『RIGOLETTO WINE AND BAR』だ。

テラス利用の場合はキャッシュオンデリバリー。バーカウンターでオーダーし受け取るだけ。時間がきたらサクッと帰れる気軽さがいい


バーカウンターでビールを購入し、テラスへ移動。小一時間過ごすだけの一杯だから、テンポ良く出されるキャッシュオンが丁度いいのだ。

一番人気のビールはハートランドの生¥550


ビールに合うタパスは種類も豊富でオール500円。次の約束は食事も兼ねているから、小ぶりのタパスを一皿だけで切り上げるのがいい。

心地よい風を感じながら飲む、仕事終わりのビールは格別で、刻々と変わる空の色を眺めていると自然にスイッチがオフモードに切り替わるのだ。

さっきまで働いていたオフィスビル群を眺める開放的な時間

丸の内の夜を明るく照らす高層オフィスビル。テラスからのドラマティックな情景は見飽きることがない。東京駅がライトアップしはじめたら、約束の場所へ向かう時間。東京の夏の夜はこれからだ。

Photos/Yuji Kawata@Riverta Inc.,Styling/Yuki Matsuda,Hair&Make-up/Saori Hattori,Text/Keiko Kodera

夏の予習は出来ているか!本日発売の月刊誌「東京カレンダー8月号」はビールが進む「最強テラス」を特集!

「テラスでビール」が夏のご褒美だ!

圧倒的な解放感!「最強テラス」で飲むビールほど美味いものはない!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は6/21(木)!



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる「神泡体感キット」をもらおう!
アンケートはコチラから!

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo