新橋ストーリー:もう35歳? まだ35歳?旧友との再会で明らかになった価値観のズレとは?

無数の飲食店が軒を連ね、多くのサラリーマンが集う街・新橋。

この街には、そこにいる人の数だけドラマがある。これは、35歳を迎えたふたりの独身男性の物語。

大手都市銀行の法人営業部に所属する秀隆と、広告代理店でプランナーをしている櫻井。

大学時代は親友同士だったふたりが、新橋で数年ぶりの再会を果たす。

その数時間で、ふたりは何を思ったのだろうかーー。


――アイツ、相変わらず遅刻か。

19時40分。約束の時間を10分過ぎたが、待ち人はまだ来ない。

仕事でもプライベートでも『5分前には必ず到着する』ことが基本の僕は本来、待ち合わせに遅れる人は好きではない。

それが連絡もないままなら尚更。けれど相手が櫻井だと思うと、怒る気にはなれなかった。

大学時代から変わらぬ旧友の遅刻癖を懐かしさで許すことにして気長に待つことにした僕は、街の雑踏に目を向ける。

大きな電子広告やカラオケ店の蛍光色のネオンに照らされた、JR新橋駅前のSL広場。

待ち合わせのメッカとして使われるこの場所が、日本の鉄道発祥の地だからSLが展示されているのだということを、この待ち時間に看板を読んで知った。

――紺、灰色、黒、紺

そこにいる殆どが暗めのスーツを着用した男性で、東京中のサラリーマンが集まってきているのではないか、と思うほどの人混み。

そして彼らはみな、まるでそれが決められた道筋のように迷いなく新橋駅から烏森口を出て、繁華街の方へ歩いていく。

途絶えることのないスーツの波に向かって、様々な店の呼び込みの声が響き、この街の夜が深まっていく気配を感じる。

今日はまだ週半ばのはずなのにこれだけの人が、ここで飲みに繰り出すのだと思うと、この街が『サラリーマンの聖地』だと言われることがよく分かる。

正直言って僕は、この新橋の喧騒が好きではない。

特に“雑多なイメージ”が強い夜の新橋は。だから櫻井が待ち合わせに新橋を指定してきた事に少し戸惑った。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo