裏切られた妻たち 番外編:「この夫婦は、いつか壊れる…」“彼女”が妻に会って芽生えた、醜い感情

一見、何の問題もなく幸せそうに見える仲良し夫婦。

けれども彼らの中には、さまざまな問題を抱えていることが多い。

モラハラ夫と離婚した神山由香里は、気がつけばいつの間にか自分が不倫の加害者側になっていた。

彼女が北岡樹と不倫をした経緯とは…?


神山由香里の告白


私も、気づけば36歳。世間から見れば「おばさん」と言われてもおかしくない年齢になってしまった。

私は横浜のそこそこ裕福な家庭に育ち、容姿にも恵まれ、何不自由ない暮らしをしてきた。ただ、厳格な父の言うことは昔から絶対で、男性には従わなければならないと脳内に刻まれていた。

それでも、周りの男性たちは常に優しく、私はそのことを自覚することはなかった。

そう、結婚をするまでは…。

元夫である林田洋介と出会ったのは、同じ輸入会社に勤めている頃だった。経理をしていた私は様々な部署との関わり合いがあり、その中で人を寄せ付けないオーラを放った、恐ろしく仕事のできる彼が何だか気になった。

他の男性と違って浮ついた感じもなく、人の目をまっすぐに見て話す。その力強い眼差しに、私は一瞬で心を奪われたのだ。

「林田さんって、何考えているかわからなくて怖いよね」

周りの経理の女の子達はそう言って、あまり彼に近づこうとしなかったので、自然と私が洋介と関わることが多かったのだ。

ある日仕事で遅くなった帰り道、洋介と一緒になった。いつもは無駄口を一切たたかないその男が、一体何を考えているのか興味があった私は、思い切って言ってみた。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo