これで並ばずに入れるかも!?行列が絶えない中目黒『鳥よし』から徒歩10秒に分店がオープン!

どんなVIPが訪れようと、予約は一切受け付けない。中目黒『鳥よし』の焼き鳥は誰にでも平等ゆえ、店前にはいつだって行列が続いている。

そんな『鳥よし』から徒歩10秒という立地に、『分店 鳥よし』がオープンした。本店同様、伊達鶏を使った絶品焼き鳥の他に新作の一品料理も用意。

店が2軒になり、今までより並ぶ時間が半分になった『鳥よし』に急げ!


本店から徒歩10秒で辿り着く“新・鳥よし”を堪能せよ!
『分店 鳥よし』

言わずと知れた焼き鳥の名店『鳥よし』。1994年に中目黒で産声を上げて以来、名人と謳われたご主人猪股善人さんの焼く焼き鳥の旨さが評判になり、瞬く間に行列の絶えない店となったことは、既にレジェンドとなっている。

その後、西麻布、銀座、赤坂と店舗展開。名前の異なる『宮新』を含め、現在5店の焼き鳥店を持つ同店が、また新たに6店舗目をオープン。この3月20日、中目黒本店のすぐ近くに店を構えた。

店をまかされたのは、『鳥よし 中目黒店』で数十年の修業経験を持つベテラン菊地秀実さん、47歳だ。

「希少部位三種」¥300~。左からプリプリ感が持ち味の腰の皮。ジューシーなハラミ、食感がやみつきになるハツモト。希少部位は、取れる数が少ないゆえメニューにはラインナップされていない


「うちで扱っているのは、開店以来、変わらず福島の伊達鷄です。親方がパリから戻った時、いろいろな鷄を試して決めただけに、味のバランスがいい。旨味はあるけれどくせはなく、身がしっかりしつつ、ふわっとした柔らかさもあり、万人向けの鷄ですね」とは菊地さん。

この伊達鷄を、内蔵をつけたまま取り寄せているのも、食鳥処理免許を持つ『鳥よし』の強み。通常の焼き鳥店が仕入れている中抜き(内臓を抜いた状態)と違い、鮮度と肉そのものの旨味が微妙に変わってくるのだ。これを、毎朝スタッフ総出で、ばらしから串打ちまでをこなす。

こうした細かな手間暇が、変わらぬ味を保持する秘訣なのだろう。実際、『鳥よし』の名店たる理由の一つはその安定感、加えて各店共にさしたるブレがなく、いずれも一定のクオリティを保ち続けていることにある。

「タレ3種」¥200〜は、手前から腿と胸の両方を楽しめるかしわ、生から焼き上げるつくね、とろける血肝


それはこの新店も同様。24年間継ぎ足してきたタレで焼く香ばしくもふわっとした噛みごこちのかしわ。レアではなくしっかりと火は入れつつも、最後は余熱で火を通すささみのさび焼きは職人の腕がものをいう一品。

しっとりした食感の中、淡い滋味が味蕾に広がる。菊地さんによれば「内臓が美味しい鷄ですから、血肝(レバー)もおすすめ」だそうだ。

加えて見逃せないのは希少部位。はらみ、食道、ハツモトなど、正肉とはまた一味違う食味を楽しめる。限定品ゆえ早めの来店がおすすめ。

塩で1時間ほど締めた胸肉を、土佐酢でいただくさっぱりした味わいの「鷄の土佐漬」¥500


焼き鳥のメニューは、既存店とほぼ同じだが、一品料理には、甘さを控えた「山椒煮」や胸肉を塩締めした「鷄の土佐漬け」といった新メニューも登場。

今回、ロゼワインを始め、シャンパンやスパークリングなど全てロゼのみで統一したワインとも良く合いそうだ。

「むねかつ丼」¥1,000。衣の香ばしさを損なわぬよう卵で閉じず、ふんわりと卵だけを閉じて鷄かつの上に乗せてある


そして、〆には同じく新メニューの「むねカツ丼」を是非。パサつきがちな胸肉を、揚げ加減も絶妙にふんわりと火を入れた逸品だ。

手羽焼き(¥300)とささみのさび焼きは塩で。通常の串は¥200~。

手羽元と手羽先を、醤油、酒、味醂で煮た「山椒煮」¥500。

入り口脇のセラーにはシャンパンも含めロゼワインのみ12種がそろう。猪股さん曰く「フランス人は焼き鳥にロゼを合わせていたから」。パリで14年焼き鳥を焼いてきた経験があればこその説得力だ。

IHプレートが付いたテーブル席では、鍋も登場する予定だとか。

大人は十番に辿り着く。本日発売の月刊誌「東京カレンダー6月号」は一冊すべて、麻布十番特集!

十番が使えてこそ、大人です。

「この街が似合うようになりたい!」なんて貴方のための麻布十番コンプリート特集!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は4/21(土)!

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo