とことんうにが好きなあなたへ!てんこ盛りうにグルメ都内厳選8店!

うにが好きすぎて、もはや「うにに溺れたい!」と思っている人にこそ訪れて欲しい名店がある!今回は絶対行くべき名店の中から厳選して8店を紹介。

見て歓声、食べて感動のうにグルメが盛りだくさんだ!

箱の中からうにをひとすくい。この量がひとすくい分であることをよく覚えておいて欲しい

通称「うにタワー」と呼ばれる奇跡の軍艦がスゴい!『鶴八 分店』

鶴岡氏が開いた神保町の老舗『鶴八』から暖簾分けを許された『新橋 鶴八』で修業を積んだ五十嵐氏が腕を振るう名店である『鶴八 分店』。

「神田鶴八鮨ばなし」という名著に感銘を受けて寿司職人を目指したという、五十嵐氏は『新橋 鶴八』で学んだ伝統も守りつつ、独自のアレンジを加えた握りや巻物で訪れる人を唸らせている。

2杯目をのせて、もう充分かと思いきや3杯目のうにがのった!もうこれだけで充分なのに、親方・五十嵐氏の手はまたも箱に伸びていく

そんな同店を訪れたら絶対に注文したいのが「うに」である。通常お匙1杯でも充分なうにを、なんと4杯分ものせている迫力の一貫!

如何に「うに」がスゴイかは、握っている工程から伺えたので、その様子をお伝えしよう。

ラストの4杯目はより慎重に。崩れないようにのせられる

なんと単品で注文すると「うに」(1,000円)であるというから驚かずには居られない。これだけうにがのっていれば、これを肴にお酒が何杯でも飲めてしまいそうだ

『鶴八 分店』では、「おまかせ」と「おこのみ」の2種のコースを用意

寿司好きの20代後半から80代まで、幅広い年代に支持され続ける『鶴八 分店』。

きちんとした江戸前の仕事は守りつつ、一度味わったら忘れられない鉄火巻きやうになども味わえる。 寿司好きの連れをあっと驚かせたい!そんな日に訪れたい名店である。

「痛風丼」は20,000円コースのなかに含まれる贅沢な一品

コース終盤に登場する迫力の「痛風丼」が絶品!『すし佐竹』

名店ひしめく銀座8丁目に2016年8月に誕生した『すし佐竹』。

同店の名物はコース終盤に登場する「痛風丼」だ。こちらは大将・佐竹氏のサービス精神を表したメニューのひとつである。「美味しかったは当たり前、楽しかったよと言ってもらえる店になりたい」という佐竹氏。

うにといくらは、丼から溢れんばかりに盛られ、その見た目だけでも充分すぎるほどの贅沢さ。自家製いくらは、築地で腹子を仕入れて、出汁醤油で漬け込み、上質なうにの甘さ、シャリの強い味わいとマッチする。

明治から大正時代に新橋界隈の芸者さんが好んだことからその名が付いた「新橋色」の暖簾が美しく映える店内

寿司屋が約600軒も出店するという銀座。その中で『すし佐竹』を選んで来て貰っているお客様に、少しでも「楽しかった、来て良かった」と思ってもらいたいと佐竹氏。

そんな想いが、握りだけでなく、店内の雰囲気、そして大将との距離の近い客席など、隅々に感じる事ができる。今、訪れておきたい名店『すし佐竹』。ぜひ、この感動を体感して欲しい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo