銀座らしからぬ若い客層と鮮烈な青の空間!7丁目に深夜までずっと盛況なバーがある!

オーセンティックなバーが多いイメージの強い銀座。しっぽり飲む時はそれでもいいが、みんなでワイワイ楽しみたい時だって多いはず。

ましてや銀座は、一部を除いて夜が早く、終電を過ぎれば、静けさはひとしお。そのタイミングで行けるいい店を知っておけば、連れ出す人に喜ばれるに違いない。

銀座6丁目にある『GINZA BAR MUSIC』は、そんな頼もしい存在だ!

銀座で深夜まで楽しく飲みたい時に!
『GINZA MUSIC BAR』

会食終わりや、残業で疲れ果て、仲間同士でもう少し飲みたい。そんな時こそ、こちらの『GINZA MUSIC BAR』へ。

ロイヤルブルーを基調とした内装は、パリのモダンなサロンのようで、堅苦しさはゼロ。

ミュージックバーというと、ハードルが高そうに感じられるが、音楽の知識は無用。普通のバーとして利用する人の方が大多数だ。

銀座の中心部やコリドー街からもほど近い場所にある

大通りの銀座7丁目の交差点から1本路地に入った花椿通り沿い。『TORIBA COFFEE銀座本店』が入るビルにある。

銀座で本格的な音楽を聴かせる唯一のバーながら、軽く1杯もOKな、使い勝手の良さが魅力だ。

ショウガとメープルを合わせたジンジャーシロップを使ったモスコミュール¥1,500は、ドライライムとローズマリーを添えて

アルコール類もウイスキーだけでなく、旬のフルーツやハーブを使い、自分好みの1杯を作ってもらえる。フードもチーズやリエットなど幅広い。

このバーを手がけたのは、音楽プロデューサーの大沢伸一氏。

ロック、ジャズ、テクノなどジャンル・年代問わずセレクトしたアナログレコードは、3,000枚を超える。ミュージックセレクターがその時の客層や会話、空気感に合わせて流すので、選曲の妙が愉しめるのがこのバーの醍醐味だ。

奥にはゆったりできるソファ席もあり、大人数ならこちらへ

銀座らしからぬ、スタイリッシュな空間は万人に通用するクオリティ。事実、連日深夜まで多くの客が押し寄せているという銀座でも珍しい存在だ。

こういう店が、私たち世代の新しい銀座を作っていくのだ。

音質に定評がある「GARRARD」のターンテーブルや、長時間聴いていても疲れない「TANNY」のスピーカーなど、サウンドシステムへのこだわりは流石

店内には多数のアナログレコードがあり、その時の雰囲気に応じて選曲される

本日発売の月刊誌「東京カレンダー2月号」は一冊すべて、銀座特集!

脱シニア!私たち世代がリアルに使える銀座だけ掲載!

今こそ私たち世代の手に銀座を取り戻そう!そのヒントが最新号「東京カレンダー2月号」に!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は12/21(木)!

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる「神泡体感キット」をもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo