先週のアクセスランキング!1位は「アモーレの反乱: 離婚届を出した妻へ、復縁したい夫が送ったLINEが届かなかったワケ」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“アモーレの反乱”に“LESS〜プラトニックな恋人〜”から“カリスマ・プレ花嫁になるはずが、まさかの大誤算”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
アモーレの反乱: 離婚届を出した妻へ、復縁したい夫が送ったLINEが届かなかったワケ

「もしもし」
「あ、利奈ちゃん…よね?遅くにごめんね。」

やはり藍子さんから。遅くに、という言葉に携帯を見なおす。時間は23時を回った所だった。いいえ、私も今帰ってきたところなんです、と返した私に、そっか、と言いながらも、藍子さんの様子は少し変だった。

「利奈ちゃん、携帯新しくしちゃった、のね?…いつ?」

続きはこちら

★第2位
料理大好き、気配り完璧♡男心のツボは押さえても、次に繋がらないのはナゼ?デートの答えあわせ【Q】

健太郎君に出会う前から、彼の噂は聞いていた。

女友達の弥生が「由紀のタイプだと思う」と言っていたからだ。大手不動産会社勤務の、28歳。

長年付き合っていた彼女と別れたばかりで、彼女募集中。しかも結婚願望強め。小学校から成城学園に通う家柄で、長身、イケメン、優しい…と聞く限り何もかもが完璧だった。

続きはこちら

★第3位
LESS〜プラトニックな恋人〜:“正しい愛”なんてない。身体の繋がりが、心を凌駕した夜

私は健太を、心の底から愛してきた。まっすぐに恋い焦がれ、彼以外によそ見をしたことも、嘘をついたことだって一度もない。それなのに…。それなのに、私と健太はレスになった。正しい愛が、幸せに結びつくとは限らないのだ。

…それなら、たとえ正しくない愛し方だったとしても、幸せを手にすることだってあるのではないだろうか?

そんな滅茶苦茶とも思える理論を組み立て、どうにか自分の立ち位置を正当化したところで、背後から私の名を呼ぶ声がした。

続きはこちら

★第4位
悪妻:「妻の気持ちがわからない」。愛し方を間違えた夫が、初めて結婚を後悔した夜

あれだけ女の美醜についてうるさかった藤田だが、そう若くもない、特段容姿が優れているとも思えない小野に対し、しっかりと好意を感じていることを自覚した。

絵里子の顔も浮かんだが、その直後に梅原からの着信があったことを思い返し、浮気の疑念を打ち消すかのようにワインを飲みほす。

それから、どれくらいの時間が経っただろうか。眼が覚めると、藤田は小野の自宅にいた。

続きはこちら

★第5位
玉の輿婚に乗った女の“ゴージャス花嫁会”。カリスマ・プレ花嫁になるはずが、まさかの大誤算

先日参加した花嫁会には20名の参加者がいたが、何としてでもあれを上回りたい。小さなお店を貸切にすれば十分だろうか。

そんなことを考えながら青山界隈をうろうろしている時、洋菓子の「ナッシェン」の本社前を通りかかった。1階のカフェスペースを覗くと、優雅にアフタヌーンティーを楽しむ客で賑わっている。明日香は閃いた。

「ここのアフタヌーンティー、インスタ映えするとかで大人気なのよね。うん、会場にちょうどいいかも!」

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる「神泡体感キット」をもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo