いま恵比寿で一番アガる店はココだ!大人が笑顔で賑わうレストラン発見!

いま、恵比寿で最も訪れたいレストランとして話題なのが、2017年3月にオープンした『restaurant JULIA』である。

ガラス張りの外観から中を眺めると、全員がいい笑顔で食事を楽しんでいて、大人のためのレストランだと一目でわかる。

女性シェフのNAOさんが手がける、独創的でフォトジェニックなアメリカンキュイジーヌのコースをご紹介しよう。

外から店内の様子を伺うと、そこはまさに大人の社交場

グルメな大人が夜な夜な通う、今一番アツイレストランがココ!

恵比寿駅西口から徒歩数分で辿り付く恵比寿南1丁目。この名店ひしめくエリアに、また新たな注目店『restaurant JULIA』が誕生した。

この店は、オーナーでソムリエの本橋さんと、シェフのNAOさんの二人が営むモダンアメリカンレストラン。

本橋さんがフロアの賑やかなムードを作り出す。この店のオープンのきっかけとなったのも、シェフNAOさんが彼のサービスに惚れ込んだからだという。

全面ガラス張りになった店先から眺める店内は、賑やかでありながらもしっとりと大人の雰囲気で、食通心をくすぐられずには居られない佇まい。

この雰囲気だけで心を掴まれてしまう大人が続出中。どんな店なのか気にならない食通はいない

店の戸を開けるとまず大きなテーブル1つのみであることに驚かされるだろう。

自分たちは隣同士になるが、大テーブルに何組かで一緒に座るという非日常感。それがすでに『JULIA』が仕掛けるマジックなのだ。

入店してすぐの軽いコミュニケーションでは、「ステキな時計ですね」、「今日はエレガントなヒールですね」と本橋さんの軽妙な接客で和ませてくれる。

最初の一杯を口にする頃には、気分も高揚。「レストランは楽しい場所」という気持ちが甦ってくる。

「ユリネ/フィッシュスキン/エビ」。魚の皮をパリッと焼き上げ、旬のユリ根をあしらった一品。甘エビの頭を粉末状にしたものが彩りと旨みをプラス

1杯目のワインと共に始まるのが、手づかみで楽しめるコース料理。

この店のコースは1つ、OMAKASE7,000円のみ。そこにワインのペアリングも5,000円で可能だ。内容は毎月、旬に合わせて変化する。

撮影では、10月のコース内容から数品とワインペアリングコースをご用意いただいた。

「チキン/セロリ/レモン/ローズマリー」。旨みを凝縮しながらパリパリにオーブンで焼き上げた鶏皮に、セロリと鶏肉のピューレをのせ、ローズマリーをあしらった一品

続くのは「チキン/セロリ/レモン/ローズマリー」。素材のみを表記したメニューが想像をかき立て、料理は全て想像を遙かに上回ってくれる。

パリパリに旨味を凝縮した鶏の皮のおつまみを、まるで巣のようなビジュアルで供する。

自然から生まれた食材を、調理してまた自然の状態に戻すこともコンセプトとし、料理ひとつひとつのプレゼンテーションも魅力だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo