東京美食MAP 10の街 神楽坂のバルと日本料理の最有力 Vol.3

アズーリ

Azzurri

夏の暑さも吹き飛ぶ元気がもらえる!神楽坂バル劇場

左.スタッフが元気良く働く店内。この活気が店の原動力だ

右.ホロホロ鳥と焼きとうもろこしのラグーソース 自家製手打ちパスタのガルガネッリ¥1,200

深夜まで客足が絶えない中目黒の人気イタリアン『コロッセオ』の姉妹店が神楽坂に進出。70席の店を回すのは、本場イタリアで研鑽を積んだ小久保友博シェフ。

「大半のスタッフは20代なんですが、みんな頑張り屋でキビキビ動いてくれるんです。おかげさまで、周辺の料理店の方にも『若いのによく頑張ってる』と言っていただいて」と誇らしげな表情。その評判も納得、こちらのオープンキッチンの活気は見ていて清々しいほど。下手なパワースポットより、良い"気"をもらえそう!?

真摯だからこそ、供される料理も良い。自家製パンチェッタやとろーり口中に旨みが広がる白レバーのパテなど、その日によって変わる前菜が美しく盛り込まれた皿は、見目麗しくボリュームも満点。

「例えば女性ふたりのお客さまがお魚を1匹ご注文された場合は『フィレにしてお持ちしましょうか?』と伺いしますし、付け合わせもそのお客様がご注文なさった前菜とは別の物をお出しするようにしています。パスタのボリュームの増減やソースの変更も、好みを言っていただければ」と自由度も高い。この懐の深さ、毘沙門天に向かうお年寄りからサラリーマン、学生まで、老若男女が集う神楽坂という街に似ている!?

色々なお肉の前菜盛り合わせ¥1,200。燻製にした鴨のハムやアスコナーラなどを盛り合わせた

左.中目黒『コロッセオ』山寺シェフの弟さんと修業時代、同期だったという小久保友博シェフ。縁もあっての今回の新店で大抜擢!

右.真鯛の丸一匹グリル¥1,300。ふっくらと仕上げた鯛の美味しさは、旨みたっぷりの逸品


東カレアプリダウンロードはこちら >

【東京美食MAP 10の街 神楽坂のバルと日本料理の最有力】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ