品川駅を利用するすべてのビジネスマンへ。平日の夜デートをリッチにする高輪口の名店を厳選!

品川駅の乗り換え利用率の高さはいわずもがな。少なからず貴方も使ったことがあるはずだ。この利便性に優れた立地をスルーするのはもったいない!ということで平日のデートにぴったりなレストランを厳選した!

仕事帰り、品川で古くから愛される2つの名所をカジュアルに使うという贅沢を楽しもうじゃありませんか!しかもどちらも高輪口、水族館やボーリング場もあるのでちょっと遊んでからディナーするのにも最適なのだ。


「品プリ」が今、平日デートの穴場です

平日デートの大敵は翌日の仕事。いかにサクッと満足できるかがキモとなる。そこで浮上するのが、品川駅近スポットの代表「品プリ」。従来はオジサマの会食というイメージが強かったが、オープンしたてのビストロがこれを一新した。

今年4月にリニューアルした『和ビストロ いちょう坂』はホテルダイニングでありながら、平日のカジュアルデートに相応しく、リーズナブルで雰囲気はモダン。ついに我々も「品プリ」を普段使いできるのだ!


狙い目は、ゆったりと横並びになれるU字型ソファ

仲良しのふたりに推奨したいのがU字型ソファ。おのずと横並びになれるというのがキモで、違和感なく接近できてしまう。周囲の目にも自然に見えるので大人が堂々とイチャつけるというわけ。

柔らかいレザーは座り心地も抜群で、しかもテーブルも広く、かなりゆったり使える。同じ横並びでもこの贅沢感はカウンター席では実現できない。席の指名こそできないが、空いていればすかさずゲットしたいところ。


手づかみで食べる、そんな初体験がふたりの距離を縮める

メインには「手づかみシーフード」をおすすめしたい。普段楚々として遠慮がちになるカニや貝の殻だが、ビニール製の手袋を装着して豪快に食す。

ちょっと抵抗がある人もいるかもしれないが、お互い気取らない面を知ることができるし、非日常の共通体験は、ふたりの距離をさらに縮めてくれるはずだ。

「手づかみシーフード」¥2,600(2人前)~。カニやムール貝を中心にエビ、イカ、ホタテがふんだんに。スパイシーに味付けされており、食とともにお酒も進むこと請け合い。ワイワイ感が最高に楽しい。


オオバコならではのメリット!たった30秒で2軒目バーへ

お腹を満たしたら2軒目のバーへ、とはデートの王道だが、このレストランは、同じ店内のわずか約30秒という距離にバーを併設。つまり駅近という立地の上に移動時間まで短縮できるので終電ギリまで楽しめるというわけだ。

さらに移動時によくある、2件目がなかなか決められず、明日の仕事が気になりだして気持ちがクールダウン…ということもないので、ふたりのホットな時間も持続可能なのだ。

『和ビストロ いちょう坂』

ボウリング場の隣に陣取る同店は、従来の和食店舗をリニューアル。紹介したシーフードのほか、ショーキッチンによるグリル料理なども堪能できる。敷地面積約800㎡にして247席を誇る広さで味わう和モダンな世界観は、デートにも好影響を及ぼしてくれる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo