シャンパンの美味しさを再発見する旅!東京カレンダーがパリに旅立った!

「ローラン・ギャロス、観に行きませんか?」

シャンパンメゾン「モエ・エ・シャンドン」のPR担当からの、そんなお誘いから始まった今回の出張。本誌編集長・日紫喜によるフランス取材の模様をここにご報告する。

ご存知だろうが、ローラン・ギャロスとはテニスの4大国際大会であるグランドスラムのひとつ「全仏オープン」のこと。


灼熱のパリに世界各国から熱狂的なテニスファンが集結

2010年よりローラン・ギャロスの公式スポンサーになっているモエ・エ・シャンドン。2012年からは、グランドスラム男子シングルス最多優勝、歴代最長世界ランキング1位など、数々の記録を塗り替えてきたプロテニスプレイヤー、ロジャー・フェデラーをブランドアンバサダーに起用したりと、テニスとの親和性は高い。

お目当てのフェデラーは、残念ながら欠場。それで観戦したのがラファエル・ナダルの試合。

ローラン・ギャロスは、グランドスラムで唯一のクレイ(土)コート。ハードコートやグラスコートと比べると球速が遅くなり、高速サーブを武器とする選手が自分の強みを活かすことができないことから「魔のコート」と呼ばれることも。

それでもナダルは強かった。観戦時はもちろん分かっていなかったが、今回も優勝。そもそもローラン・ギャロスが得意な彼は優勝10回目。2005年に初めて優勝してから開催された13回の大会中、10回も優勝している。凄まじき勝率なのだ。

観戦はモエ・エ・シャンドンのVIP席にて。周りを見渡せば、ローラン・ギャロスをスポンサードする時計ブランド「ロンジン」や航空会社「エミレーツ航空」の席があるなど、華やかな雰囲気だ。


シャンパンで喉を潤す、これぞラグジュアリーの極み

コート内はとにかく日差しを遮るものなく、とにかく暑い。渇ききった喉を潤すべく向かった先は、モエ・エ・シャンドンのラウンジ。VIP顧客や各国のメディアでごった返すラウンジに、アジアのメディアを代表して潜入した。

まず、出されたのは「アイス アンペリアル」。東京でもお馴染みとなった氷を入れて初めて完成するシャンパンだ。

そして今年の新作「モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル ロゼ」も。

「レッドベリーとチェリーの躍動感のあるフルーティーな香りを中心に、イチジクやネクタリン、ザクロの香りも。甘みと引き締まった骨格を持つ甘美な風味が特長で、ベリーを思わせるような甘さが口いっぱいに広がる。フルーティーさと爽やかさの絶妙なバランスを持ち、ピンクグレープフルーツのような旨みのあるビタースイートさを伴う、爽快なフィニッシュへと導かれる」

キリっと冷えたロゼワインを飲むがごとく優雅に「アイス アンペリアル ロゼ」、これぞ贅沢の極みだろう。

ラウンジには、優雅にシャンパンを飲むセレブ達がそこかしこに。日本ではまだまだシャンパンという存在は敷居が高い印象だが、こんな風にサラッと上品にシャンパンを嗜む姿に、感動すら覚える。

その日のディナーは『La Fontaine de Mars』へ。前オバマ大統領も訪れたという老舗ビストロ。ここでもモエ・エ・シャンドンで乾杯。

こうしてシャンパンに、とことん触れる一日目は終わった。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo