大人がハメを外すならココ!まるで海外のようなワクワク感で二人の距離はグッと縮まる!

都内屈指の色気のある街「六本木」。遊び慣れた大人にだけ許されるちょっと危険な香りは、他の街では味わえない魅力がある。

いつも恵比寿や渋谷で飲んでいる女友達と関係性を一歩先に進展させたいなら、この街のいつもとは違う喧騒を共有して、思う存分楽しんで欲しい!

今回は、ホームタウンで食事を終えた後、二軒目から楽しむ六本木の夜遊びを紹介する。


step.1
タクシーに乗れば、六本木はサクっと行ける

恵比寿にいようが、麻布にいようが、青山にいようが、六本木はタクシーに乗れば意外に近い。タクシー1,000円程度ですぐに着いてしまう。

いつもの街に食傷気味だった彼女にはどこか新鮮に映る六本木通り。週末の煌びやかなテールランプの輝きが、ふたりを高揚させる。


step.2
六本木で人気のバーは大人で艶やかな客たちの喧騒が刺激的!

恵比寿や渋谷とは圧倒的に違う、六本木のナイトスポット。遊び慣れた大人やスマートな外国人が多く、独特の雰囲気を醸す。

喉を潤し飲み進めれば、不慣れなこの街の賑わいもスッと体になじんでくる。いつもより大人な場所にいる自分たちに酔うのも心地いい。

ここ『R2 SUPPERCLUB』はスタッフも海外の方が多く、まるで海外のラグジュアリーなクラブに来たかのような喧騒が楽しめる。

ジュースのように飲みやすいシャンパンベースのカクテル「フレッシュストロベリーベリーニ」¥2,100。

『R2 SUPPERCLUB』

2016年にリニューアルし、より寛げる空間に生まれ変わった六本木の社交場。深夜のイメージが強いが、フードメニューも充実し、16~20時はハッピーアワーを開催。

水~土曜の22時からはDJがプレイするなど、訪れるたびに異なるシーンを楽しむことができる。


Finish!
今夜はとことん。この街を体現するエンタメバーでハメはずせ

六本木にはポールダンスなど、さも海外にありそうなエンターテインメント性の高いバーが点在する。彼女にも「こんなトコ初めて♥」と新鮮な体験をさせてあげられるはずだ。

ちなみに、女性に人気の映画『コヨーテ・アグリー』を舞台にしたココなら、彼女も抵抗なく、ふたりで弾けられそう!海外の本店と同様、勇気があれば女性客はカウンターで踊ることもできる。

いかにもアメリカっぽいロックが大音量で流れる店内で彼女とふたり朝まで盛り上がろう!

『COYOTE UGLY SALOON ROPPONGI』

ニューヨークに本店がある『コヨーテアグリー』がアジア初出店。営業時間中、美女たちが次々とパフォーマンスを繰り広げる。エントランスフリーで、ドリンクなどはキャッシュオンだから「1杯だけ覗いてみよう」と気軽に訪れることができるので、ぜひお試しあれ。

絶賛発売中の月刊誌「東京カレンダー9月号」は一冊丸ごと、六本木特集!

六本木を避けてたら東京は楽しめない!

六本木で知りたいことのすべてが、最新号「東京カレンダー9月号」に!この一冊を読めば、あなたの東京人としての偏差値はグッと上がる!

・シチュエーション別 絶対に上手くいく「デートプラン」
・成功率100%を誇る「お食事会」レストラン
・大人仕様な「カラオケ個室」
・食通を唸らせる「殿堂入り名店」
・高感度な女子が絶対的な信頼を置く「美容スポット」

さらに今回は、実際に六本木を楽しむ読者参加型企画『東カレ インスタ選手権 ~六本木編~』も発売と同時にスタート!この夏はみんなで六本木を盛り上げよう!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は7/21(金)!!

経者Nightレポ詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo