店の人も覚えられるのか!?日本一マニアックと噂のビアバーに潜入してみた!

我らが酒場詩人・吉田類さんが、ビールの旨い店へ案内してくれると集合したのは両国。類さんイチオシというのだから、一体どんな良店にありつけるのだろうか。期待に胸を膨らませ向かった先には…


ビールも、日本酒同様、個性を味わってこそ本領発揮
『麦酒倶楽部ポパイ』

「ここ、ここ。このビールのオブジェが目印」と類さんが指さしたその店とは、『麦酒倶楽部 ポパイ』。クラフトビールという言葉すらまだ世の中に浸透していなかった昭和60年の創業から、その魅力を広め続けてきたビールの殿堂である。

ク、クラフトビール!? 正直、「類さん=大手ビール」と勝手に想像していただけに(失敬!)、意表を突かれた格好だ。けれど、大衆酒場だけでなく、こういった店もご存じとは流石、類さん!

「25年くらい前は、東陽町に住んでいたからね。だから、ここら辺はよく飲み歩いた場所。当時から店の存在は知っていたけれど、はじめて入ったのは意外と最近。僕もまだ深くはのめり込んでいなから、今日はどんなビールと出会えるか楽しみ」なのだそう。

早速、店内に入るとまずそのタップ数に驚かされる!「1、2、3、4……」とカウンターの奥に3段になって並んだタップを数えていると、類さんが助け船。「だいたい何種類くらいあるんですか?」という類さんの質問に、店長の城戸弘隆さんが答えてくれる。

「タップの数でおよそ100。そのうち70タップほどが樽と繋がっていますね」

流石ビールの殿堂である。ただ、その数に驚きながらも、類さんはあえて30のタップを繋いでいない理由も気になるようで、質問を続ける。

「炭酸ガスの圧力やビアラインの長さ、樽の置く高さなどによって、クラフトビールの個性を引き出すためなんです。こうしてタップに余裕があると、適材適所に次の樽を置けますから」

なるほど、やたらにタップが多いだけでないのである。そんなこだわりを聞けば、俄然、ビールを飲みたい気持ちにも火が付くというものだ。

ズラリと銘柄が並んだメニューリストを眺めながら、類さんが「一杯目だからな〜」と熟慮していると、「山口地ビールのヴァイツェンはいかがでしょう?」と城戸さんが勧めてくれた。

素直に頷き、タップから注がれるビールを愛でるように眺める類さん。そして、受け取ったのは、背の高い専用グラスに注がれた黄金色のビールだった。ひと口味わえば、「ビール独特の苦味を感じさせつつ、フルーティーな香りと、そこからくる軽やかな口当たり。いや〜、旨い!」と満面の笑み。

早くもご満悦の様子の類さん。が、ここで城戸さんはさらに類さんを喜ばせる。次に勧めてくれたのは、飲み口を銀紙で包んで差し出されたビール。何かと思えば、こちらお燗ビールというのだ!

これには類さんも驚きを隠せなかったようで、「日本酒と同じでビールも温めると香りが引き立ってくるし、味わいにも落ち着きが出てくる。ビールのお燗なんて初めてだね」

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo