連載を探す

東京レストラン・ストーリー
外食が思うようにできなかった、2021年。 外で自由に食事ができる素晴らしさを、改めて噛み締める機会が多かったのではないだろうか。 レストランを予約してその予定を書き込むとき、私たちの心は一気に華やぐもの―。 なぜならその瞬間、あなただけの大切なストーリーが始まるから。 これは東京のレストランを舞台にした、大人の男女のストーリー。
2022.01.16
男と女の答えあわせ【A】
男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。 出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。 —果たして、あの時どうすればよかったのだろうか? できなかった答えあわせを、今ここで。
2022.01.16
東カレ厳選!名店のお取り寄せ特集
東カレ厳選!名店のお取り寄せ特集
2022.01.16
御曹司に恋はムズかしい
お金持ちは、モテる。ゆえに、クセが強いのもまた事実である。 そして、極上のお金持ちは世襲が多く、一般家庭では考えられないことが“常識”となっている。 “御曹司”と呼ばれる彼らは、結果として、普通では考えられない価値観を持っているのだ。 これは、お金持ちの子息たちの、知られざる恋愛の本音に迫ったストーリー。
2022.01.15
東彼男子
仕事に恋に懸命な男性が集まる「東カレデート」ユーザーから毎月1名をピックアップ。 ドラマみたいな日々を過ごす東彼(=東カレ男子)の価値観と恋愛事情に迫る!
2022.01.15
金曜美女劇場
彼女たちの赤裸々な告白に男性諸君はとくと耳を傾けるべき、なのであります。
2022.01.14
オンライン東カレNIGHT イベント募集
大人気リアル読者イベント『東カレNIGHT』。 艶やかな男女が集うハイクラス婚活イベントが“オンライン”に! 世間の事情に合わせて、素敵な出会いを諦める必要はありません。さあ、奮ってご応募ください!
2022.01.11
シアワセの最適解~世帯年収3,600万の夫婦~
年収が上がると比例して、私たちはシアワセになれるのだろうか―? これを語るうえで知っておきたいのが「限界効用逓減の法則」。 消費される財の数量が増加するにつれて、その追加分から得られる満足感は次第に減少するという意味の経済用語だ。 年収も実は、それと同じだと言われている。 幸福度が最も高い年収は800万円(世帯年収1,600万円)までは満足度が上がっていくが、その後はゆるやかに逓減するという調査があるのだ。 これは、世帯年収3,600万円の夫婦の“シアワセ”探しの物語だ。
2022.01.10
Miss 東大生ハンター
エリートと結婚して優秀な遺伝子を残したい。 そう願う婚活女子は多い。そのなかでも、日本が誇る最高学府にこだわる女がいた。 ― 結婚相手は、最高でも東大。最低でも東大。 彼女の名は、竜崎桜子(26)。これは『ミス・東大生ハンター』と呼ばれる女の物語である。
2022.01.08
東カレWEB採用
東カレWEBの採用情報です。時々更新いたします。
2022.01.08
29歳のヒエラルキー
29歳。 それは、女にとっての変革の時。 「かわいい」だけで頂点に君臨できた女のヒエラルキーに、革命が起きる時── 恋愛市場で思うがままに勝利してきた梨香子は、29歳の今、それを痛感することになる。 ずっと見下していた女に、まさか追いつかれる日が来るなんて。 追い越される日が来るなんて。
2022.01.04
逆玉男子
「愛ではなく、金目当てで結婚するのは女性だけだ」という考えは、もうひと昔前のものなのかもしれない。 男にだって“玉の輿願望”があると、私たちはなぜ気づかなかったのだろう。 これは逆・玉の輿で成り上がりたいと願い、夫婦になった男と女の物語。 あなたの周りにも、逆玉狙いの男がいるのかも…?そこのお嬢さんも、どうぞお気をつけて。
2022.01.04
あのコはやめて
「あのコは、やめた方がいい」 恋人との交際を友人から反対されたら、あなたはどうしますか。 愛する人を、変わらずに信じ続けられますか。 そして、女が隠す“真実”とは…? これは、愛と真実に葛藤する男の物語。
2022.01.03
東カレ推薦! 今月の行くべき店
東カレWEBが自信を持ってお勧めする「今行くべきレストラン」をピックアップ
2022.01.03
この結婚、間違ってた?
「やめるときも、すこやかなるときも、あなたを愛する」と誓ったはずなのに…。 “やめるとき“は、愛せないのが現実。 思い描いていた結婚生活とは程遠く、二人の間に徐々に生じ始める不協和音。 「こんなはずじゃなかった」と不満が募ったとき、そもそも「この結婚、間違ってた?」とふりかえる。 あなただったら、この結婚生活やめる?それとも…?
2022.01.03
土日に会えない男
女は、会っている時間に愛を育み、男は、会えない時間に愛を育てる…!? 平日は全力で働き、週末は恋人と甘い時間を過ごす。 それが東京で生きる女たちの姿だろう。 でも恋人と、“週末”に会えないとわかると、「いったい何をしているの?」と疑心暗鬼になる女たち。 これは、土日に会えない男と、そんな男に恋した女のストーリー。
2022.01.02
23区のオンナたち
住んでいる街によって、人生は変わり、また人も大きく変わる。 2020年、東京の街は大きく変貌した。 店は閉まり、代わりにフードデリバリーの自転車を頻繁に見かけるようになった。また時差通勤やテレワークが導入され、ラッシュ時の人は減った。 では、東京に住む女の人生は、どう変わったのだろうか? エリア別に、その実態に迫る。
2022.01.01
乗れるものなら、玉の輿
時代が令和になっても…。 女性の自立や自由恋愛がどんなに叫ばれても…。 「お金より愛が大事」と口ではいくら言っていても…。 「やっぱり、玉の輿に乗りたい」と本音では思っている女は一定数いる。 大手通信会社で働く“玉の輿”狙いの小春(25)と “女なんて金でどうにでもなる”と豪語する会社経営者・恭介(32)との恋愛攻防戦。 軍配はどちらにあがる?
2021.12.31
オフラインな私
オンラインで、キラキラした私生活を垣間見せる女たち。 豪華なインテリアや、恋人との親密な関係性、メイクや服装。 だけど画面越しに見せている姿は、本当の自分とかけ離れているのだ。 ―オフラインの私なんて、誰にも教えられない。教えたくない。 リモートで働く女子たちのPC画面の裏側には、まさかの世界が広がっていて…?
2021.12.30
男女の賞味期限
あなたはパートナーを、異性として意識し続けられる自信はあるだろうか? 男と女の賞味期限3年説。 それが真実なら、夫婦が永遠に“男女”でいることは難しいだろう。 居心地は良いけど、トキメキがない。 夫婦ってこんなもの?男と女に戻りたい? 男女としての関係が終わりかけた夫婦はその時、どんな決断をするのだろうか。
2021.12.29
男と女の怪談~25歳以下閲覧禁止~
男と女の、珠玉のラブストーリー。 秋の夜長、「その先」のことを語りましょうか。 待ち受けるのは、深くて暗い、底なし奈落。 恋をしたら決してこの物語を読むことなかれ、 特に25歳以下は閲覧禁止。 「事実は小説より奇なり」とはよく言ったもの。 この物語の主人公、あなたの知り合いだと気づいても、 どうか、素知らぬフリをして―。
2021.12.27
マンスプ男
「妻が輝いていることが、僕の喜びです」 令和の東京。妻に理解のある夫が増えている。 この物語の主人公・圭太もそのうちの1人。 ・・・が、それは果たして、男の本心なのだろうか? 元来男は、マンスプレイニングをしがちな生き物だ。 高年収の妻を支える夫・圭太を通じて、東京に生きる『価値観アップデート男』の正体を暴いていく。 (マンスプ=マンスプレイニングとは、man+explainで上から目線で女性に説明するの意味)
2021.12.26
小宮山雄飛の本能のひと皿
東京の美食を知り尽くす大人たちでも、一度口にしたらまた無性に食べたくなる本能で求めてしまう一品がある。
2021.12.26
籠のなかの妻
夫は、こんな人だった―? 周りに相談しても、誰も信じてくれない。子どもと一緒に夫の機嫌を伺う日々…。 最近、こんなモラハラ夫に悩む妻が増えている。 有能で高収入な男性ほど、他人を支配しようとする傾向が強い。 優衣(32)も、経営者の夫が突然マンションを買った日から、徐々に自由を失っていく。 広告代理店ウーマンから、高級マンションという“籠”で飼い殺される専業主婦へ。 彼女が夫から逃げ出せる日はくるのだろうか―?
2021.12.23