本格和食のデートでメニューに戸惑わない!MAX6,000円で大満足のお任せコースがある名店3選

¥5,800で若手料理人による渾身の和食を堪能
『まめたん』

根津

老舗料亭『紀尾井町 福田家』出身と聞くと少々身構えてしまうが、店主・秦 直樹氏の穏やかな人柄と軽やかに供される料理を口にすれば、すぐさま和やかなモードになれる。料理は日々の食材で変化するが、すっぽんが登場することも多く、高級店で重宝されている天龍鮎もこの時期ならでは。

圧巻の内容で¥5,800(税抜)という良心的な価格が叶うのはおまかせ1本だから。昔、豆炭屋だったという古民家で、小さな厨房に沿って配置されたカウンターは、コンパクトで隣との距離が近いので、デートにも最適だ。

「黒七味と山椒のしらす」。酒の肴に最適なピリッとした風味。

「毛蟹とXO醤の茶碗蒸し」。浅草の名中華料理店『龍園』のXO醤を使用。

「噴火湾の帆立の刺身」。柚子とパウダー醤油を添えて。

「桑名産蛤のお碗」。出汁は、鰹をふんだんに使ってアクを敢えて残したもの。

「鰹のたたき」。お造りと焼き物、2種が同時に楽しめる火入れ。

「生からすみの味噌漬け」。西京味噌で約4カ月間漬けた一品は驚くほど繊細。

「酒粕で戻した鮭とば」。新潟の銘酒「鶴齢」の酒粕に1週間漬けた珍味はにごり酒と好相性。日本酒は常時50種以上用意。

「天龍鮎の天ぷら」。鮎と新生姜の春巻きも秀逸。添えられた四万十川の天然岩海苔など細部にまでこだわる。

「すっぽんの親子丼」。コラーゲン豊富な身と、プチッと弾ける玉子を添えた贅沢な〆。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo