アフタヌーンティーにかける意気込みが違う貴方に捧ぐ、都内の隠れ家ホテルの限定メニュー!

天気予報によると、これから先はやっと急激な寒さからは解放されそうな気配の東京。お花見に出かけるにも二の足を踏んでいた方も、ようやく安心して出かけることができそうだ。

東京駅に隣接しながらも、落ち着いた雰囲気を放つことで都会の隠れ家との呼び声高い「シャングリ・ラ ホテル 東京」では、現在、桜にちなんだメニューが花盛り♪ 都内人気ランキングで常に上位をキープしている自慢のアフタヌーンティーや、お花見にぴったりなテイクアウト可能なランチボックスやスイーツまで、桜三昧できそうだ。さっそく、詳細メニューをチェックしていこう。

ローカルティーからフレーバーティーまで20 種類以上の茶葉を取りそろえた紅茶は、好みのものを好きなだけ味わえる。


都内人気ランキング上位常連!『ザ・ロビーラウンジ』のアフタヌーンティー

料金:お一人様 4,500 円(税・サ別)

都内屈指の人気を誇るシャングリ・ラ ホテル 東京『ザ・ロビーラウンジ』のアフタヌーンティーが、桜バージョンとして登場!

桜のエッセンスが随所に散りばめられつつも、シャングリ・ラ ホテル 東京らしさを貫かれている。春爛漫“桜アフタヌーンティー”は、伝統的な3段のティースタンドでお届け。多種多様のティーから好きなだけ愉しむことができるのもうれしいポイント!大切な人との優雅なティータイムには最適だ。

上段:スイーツ5種

(写真手前)桜と北海道産フロマージュブランムース、(写真左・中央)レモン・タルト、(写真奥)桜カップケーキ、(写真右)ブロンテ
・ピスタチオムース。この他に、スタンドとは別で、ミニチェリーパイが運ばれてくる♪

花をあしらったかわいらしい見た目でまずはテンションがあがり、口に入れてさらにサプライズなおいしさを満喫していただきたい!

中段:スコーン3種

(写真手前)桜スコーン、(写真中央)京都宇治抹茶スコーン、(写真奥)プレーンスコーン

桜の花をあしらった桜スコーンは、まるでそこが桜の木の下で楽しんでいるようなわくわく感も演出してくれる。

下段:セイボリー(サンドウィッチ3種)

サンドウィッチは3種類。(写真左上)蒸し鶏むね肉のマリネのサンドウィッチ、(写真右上)サクラマスのリエットとバジルバターのサンドウィッチ、(写真下)春キャベツのコールスローとパラドカンパーニュのサンドウィッチ。

たとえば、蒸し鶏むね肉のマリネのサンドウィッチは、桜の葉で包み蒸し焼きにしたやわらかい鶏むね肉を赤パプリカ風味のパンでサンドしたものという具合に、非常に手間暇かけられた仕事が感じられるメニューとなっている。

その他セイボリー1種

白いカップに入れられて出てくるのが、ソラマメと桜海老の茶碗蒸し。スタンドとは別に提供される茶碗蒸しは、スペシャルな仕立て♪

写真左上にあるのは、スウィーツの一つ、ミニチェリーパイ。

東京の上空からの素晴らしい景色を眺めながら、エレガントで落ち着いた空間を誇るラウンジ&バー

■メニュー概要

メニュー名:「桜アフタヌーンティー」
場所:『ザ・ロビーラウンジ』
期間:3/15日(水)~4/15(土)
料金:お一人さま4,500 円(15%のサービス料と消費税は別途)
予約TEL:03-6739-7877


◆28Fのロビーでは、期間限定で桜にちなんだテイクアウトメニューをご用意

場所:28F ロビー
期間:3/1(水)~4/15(土)
予約TEL:03-6739-7888

桜ピクニックボックスをもって、花見ピクニックへでかけよう

料金:10,000円【30個限定・テイクアウト】

お花見ピクニックに欠かせないものといえばお弁当。定番とは一味違ったアジアンテイストのオードブルがたっぷり詰まっている、“桜ピクニックボックス”はいかが?

時間が経っても美味しく食べられるのも嬉しいポイント。また、コンパクトな三段重に組み立てられるので、持ち運びにも便利。

マレーシア人シェフが提案!アジアンスタイルのお花見はいかが?

マレーシアのクアラルンプール出身のシェフ、チー・コック・ファイ氏が腕を振るうもの。アジアを拠点とするシャングリ・ラらしく、スパイシーな味わいが魅力の逸品となっている。ランチボックスは、数名でシェアしやすいよう、各オードブルを小さなお重箱にIN!

お花見へお持ちいただくことを念頭に、特に見た目を重視したランチボックスは、彩り良く組み合わされ、盛り付けられている。30個限定なのでお早めにどうぞ!

メニュー詳細

「ビーフサラダ」:牛肉と香味野菜をレモングラス、ナンプラー、ライムの果汁と和え爽やかに仕上げた。
「生春巻き」:人参、きゅうり、大根、ロメインレタスなど、彩り鮮やかな野菜を優しく包み込んだ。スイートチリソースとともにどうぞ。

「海老とビーフンのサラダ」:プリプリの海老とパクチーなどの香味野菜をビーフンと和え、ライムの果汁でさっぱりと味付けた。
「鶏肉のマリネ」:ニンニク、赤玉ねぎ、唐辛子などを石うすでゴリゴリとつぶして作るバリ島の伝統的な辛味調味料サンバルでマリネ。スパイシーでコク深い味わいに。

「グリーンパパイヤサラダと蟹フレーク」:甘味、辛味、酸味のバランスが絶妙
「もやしとローストピーナッツ」:もやしに香ばしいローストピーナッツとローストココナッツのフレークを混ぜ合わせ。シャキシャキの食感がクセになる。

「桜カップケーキ」:桜のエッセンスを効かせたバタークリームのデコレーションがキュートなデザート

手土産に最適♪ 桜スイーツ2種類をご紹介

春の訪れを告げる2種類の桜スイーツ、“桜と北海道産フロマージュブランムース”と“チェリーパイ”を販売。お花見の宴席や、ホームパーティーへのご招待を受けたときの手土産に、雰囲気も◎、味わいも◎の桜スイーツを持参しよう♪ うららかな春の日差しに包まれているような、雰囲気を醸し出すスイーツをお試しあれ。

「桜と北海道産フロマージュブランムース」

4,500円(本体価格4,167 円)

レモン風味のしっとりとしたダックワーズを一番下に敷き、春の新緑を感じさせるピスタチオのムース、強い甘みと香りを誇るフレーズ・デ・ボワ(野いちご)のゼリー、さらにフレーズ・デ・ボワの実から成る3 層を、桜味の北海道産フロマージュブランムースで優しく包み込み込んだ。
周りを桜ゼリーで薄くコーティングすることで生まれる、艶やかな淡い桜色が印象的な美しいスイーツとなっている。

「チェリーパイ」

4,500円(本体価格4,167 円)

アメリカ産のダークチェリーをバニラとともにじっくりとコンポートし、バターの風味豊かなパイ生地で包み丁寧に焼き上げた一品。シンプルながらも春めいた甘酸っぱい風味が漂うジューシーでサクサクのチェリーパイ。
食後のデザートにコーヒーや紅茶とともにいただきたい。

■施設概要

施設名:シャングリ・ラ ホテル 東京
住所:千代田区 丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館
電話:03-6739-7888
URL:http://www.shangri-la.com/jp/
tokyo/shangrila/

クリ2DY詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo