第3弾は箱根!滞在するレストラン『ザ・ひらまつ』で過ごす休日が完璧すぎる

遡ること1か月ほど前、年末の12/27(火)に、ひらまつが手掛けるスモールラグジュアリーホテル第3弾『THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原』が産声をあげた。場所は東京から2時間弱のドライブで辿りつく、箱根・仙石原。古くから多くの人を癒し、魅了してきた日本屈指のリゾート地だ。

この仙石原のホテルには、3店舗目にして初めて、宿泊者以外のゲストもディナー利用できる”レストランエリア”をオープンと同時に併設。地元食材をはじめ、全国各地から取り寄せた旬の厳選素材をいかした、絶品料理を愉しむことができるのだ。

さあ、めくるめく”ひらまつの美食旅”を、さっそくご紹介しよう!

少し急な坂道を上がりたどり着くホテルのエントランス・車寄せエリア。シックでモダンなグレーの外観に、鮮やかなカラーが映えるフラッグがお出迎えしてくれる。


ひらまつが贈る極上の“美食旅”~第3章~の開幕!

数々の山が連なる箱根外輪山に囲まれ、雄大な自然の息吹を感じる箱根・仙石原。都会とは違う澄んだ空気感に気づくだろう。

ホテルの近隣には、秋には大海原のようにたなびく姿が圧巻の”すすき草原”、頂上から富士山を望む”金時山”、仙石原湿原に生きる草花など、富士箱根伊豆国立公園に指定されるほどの美しい景観が広がる。季節ごとに表情を変える自然をながめると、いつも新鮮で、でもどこか懐かしい...そんな不思議な感覚を覚える。 ホテルのエントランスをくぐるその瞬間から、ゲストは一気に非日常の空間へ引き込まれるのだ。

どこにいても、アートに触れられる空間

館内に入りまず目を引くのが、見事なアートの数々。

マルク・シャガール、パブロ・ピカソ、ソニア・ドローネ、フェルナン・レジェなどの海外の著名な画家の作品から、片岡球子、草間弥生など日本人画家の作品にいたるまで、多くのアートがゲストの目を楽しませてくれる。

美術館やギャラリーでアート鑑賞するのには事欠かない箱根だが、このホテルそのものがまるで美術館のようなのだ。

オープンでありながら、広い空間で贅沢にテーブルが配置されているためプライベートは守られる。大きな全面窓の外には、夜になると灯りがともるウォーターテラスは、雰囲気抜群。

お待ちかね、美食の舞台へ

◇1F宿泊ゲスト向け:ダイニング

階段で1Fに降りると、開放的なダイニングが広がる。

そこは、料理長の吉越謙二郎シェフが磨き上げたイタリア料理に、ひらまつのフランス料理の技を合わせた夢のステージ。独創的な演出・味わいを生み出すのは、イタリア料理とフランス料理の両方に精通した腕と発想力によるもの。契約農家から仕入れる、力強い地物野菜を活かしたメニューの数々を、心ゆくまで堪能しよう。

ディナーメニュー一例:「駿河湾産赤座海老のグリエ ゴルゴンゾーラ風味のタリオリーニ ほうれん草のエチュベと共に」


煌めく絶品料理のメニューの一部をご紹介!

見た目以上に贅沢な味わいの一皿。
なかなかお目にかかれない国産「赤座海老」の旨みをギュッと凝縮したソースが絡み合うタリオリーニ。
ゴルゴンゾーラと味がとても濃い野菜たちが絶妙なハーモニーを添える。

ディナーメニュー一例:「北海道浜中産 雲丹のロワイヤル 百合根のサラダと共に」

ひらまつがこれまでに培った食材生産者との強力なコネクションを通じて、日本全国から最上の食材を調達。「今、一番おいしい素材」に徹底してこだわる姿勢を貫く。

※「北海道浜中産 雲丹のロワイヤル 百合根のサラダと共に」は、20,000円のディナーコースでもいただける一品。

充実のワインラインナップより、ソムリエに相談して、お料理に合う1本を愉しもう。

都心のレストランとは異なり、リゾート地ならではのアットホームでフレンドリーな雰囲気を大切にするサービススタッフ。自然と会話も弾むはずだ。料理のあれこれ工夫されている点についても、この機会にたずねてみよう。

こちらは、お品書き。
連泊される宿泊ゲストには、初日はイタリア料理、2日目はフランス料理といった具合に、料理ジャンルが被らないように工夫されている。
それも、多彩なバックボーンをもつ吉越シェフならではの成せる業だ。

宿泊者以外のゲストが利用できるレストランがこちら。広々としたテラスも。ここのエリアは、ディナー以外の時間帯は、宿泊ゲストのチェックイン・チェックアウトをしたり、ゆったり寛げる空間として利用される。

ヘビーユース必至!
近隣別荘族や、ゴルファーのアフターディナーにも最適♪

◇2F ビジター向け:レストラン

早くも、近隣の別荘族からは大きな期待が寄せられ、すでにディナーを楽しまれた方も。
さらに、箱根C.Cをはじめ近くにゴルフ場が多く、ラウンドを終えたゴルファーたちのアフターディナーにもうってつけ。トレッキングやサイクリングなどのお帰りにも立ち寄っていただきたい、自然の中に佇むレストランだ。

・…………………………・
*営業時間 :16:00~20:00(L.O.)
*コース料金:12,000円/20,000円(税サ別)

こちらは、「ベーコンを巻いたフランス産仔牛のメダイヨン プロヴァンス風小さな野菜とレモン風味のアンディーヴと共に“ A.E.DOR"コニャックの香り」

※12,000円のディナーコースより。

デザートも絶品! 「プラリネガトー 温かいヴァローナチョコレートと一緒に」
ヴァローナチョコレートは、甘いものがあまり得意ではない人も、いただける大人な味わい。

※20,000円のディナーコースより。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo