ほかほかごはんがご馳走に!食の賢人たちが愛するごはんのお供8品

少しごはんにのせるだけで、美味しさの魔法をかけてくれる一品を、グルメで知られる8人に教えてもらった。

そろそろおせちに飽きてきたら、こんな名脇役たちをそろえてみるのもアリ!

温かいごはんのほか、大根おろしにのせたり、イカや白身魚のお刺身の醤油代わりにしても◎

ファッション雑誌やCMで活躍する人気モデル。自身のこだわりをまとめた初のスタイルブック『くいしんぼ。』(小学館)も好評発売中

『松庫商店』の「生からすみ」¥1,944

からすみにも生がある!干しからすみとも違う新体験のその味わいは明太子やキャビアとも一線を画すコクのある旨みがいっぱいだ。

「生からすみ好きとしてはたまらない逸品。白米に、刻んだ大葉と小ねぎと生からすみをたっぷりのせていただきます。クリームチーズを混ぜてクラッカーと一緒に食べても最高」酒の肴や料理のアクセントとしても大活躍。

松庫商店
TEL:095-825-6020
www.matukura.jp/

かつて神田明神の社のそばに、「芝崎道場」と名付けられた草庵があったことが商品名の由来に

クリエイティブプロダクションDairy Fresh代表。業界屈指の食通としても知られ、日々のグルメ記録を綴るTwitterにもファンが多い

『天野屋』の「芝崎納豆」¥378

神田明神の門前に店を構える天野屋の人気商品。しっかりとした大粒と強力なネバネバで食べ応えも抜群。ひとつひとつ袋に個装されていて、見た目の高級感も申し分なし。

「神田明神名物で、江戸時代から食べられています。大粒で豆本来の味がします」白米好きの秋山さん激プッシュの逸品をごはんのお供にぜひ。

天野屋オンラインショップ
http://amanoya.info/

ごはんのお供だけでなく、お酒のおつまみや炊き込みごはんの具材としても美味しくいただける。オリーブの新たな魅力が発見できる一品

香川県高松市出身。2017年1月13日~舞台『由紀さおり 特別公演』(明治座)への出演を予定している

『SOUJU』の「自家栽培手摘みオリーブ佃蔵」¥702

自家農園で採れたオリーブを丁寧に種抜きして地元の醤油と砂糖で煮た佃煮。瀬戸内海の恵みであるオリーブの旨みが凝縮した逸品は、ごはんにもぴったりのおいしさで、日本人にも親しみやすい仕上がり。

「珍しいオリーブの佃煮。味わいも新鮮で飽きのこないご飯のおとも。パンにも合いそうなので、ぜひ試してみてください」新しいごはんのお供に認定!

SOUJU
http://ec.souju.co.jp/

焼き海苔に白米をのせ、汐うにをのせていただくとまた格別。宝珠を模った漆塗りの容器入りで高級感たっぷり

農林水産省 食料・農業・農村政策審議会委員。外食は年間600軒以上。着物で世界20カ国のレストランを訪れ、グルメ誌に連載するなど国際的に活躍中

『天たつ』の「越前仕立て汐うに」¥3,780(23g入り)

江戸時代より伝わる塩蔵法にて、バフンウニの卵巣と塩だけで作られる汐うに。100g作るために100個以上のバフンウニの卵巣を使用すると聞けば、少々値が張っても食べたくなるもの。

「このわた、からすみと並ぶ日本三代珍味のひとつ。ウニの味わいと風味を凝縮させたねっとり濃厚で贅沢な酒肴珍味です」

天たつ
http://www.tentatu.com/

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo