本日から!情緒あふれる粋な町・神楽坂で肉がテーマのはしご酒イベント開始!

本日8/22(月)~27(土)までの6日間、情緒豊かな大人の”粋な街”・神楽坂で、これまた雰囲気抜群な古民家レストラン4店舗を巡る”はしご酒”イベントが開催される。
その名も「神楽坂ほろ酔い散歩」は今年で4回目を迎え、夏の神楽坂を愉しむ人気イベントになっている。

イベントに参加には、まず「各店共通チケット」をゲット!そして対象店舗を訪れチケットを提示すると、各店こだわりの素材を使った”肉料理1品”と”厳選のお酒1杯”がいただけるという仕組みだ。

今年のテーマは「肉」!!

「ほろ酔い散歩」の共通チケットは、おひとり5,500円!しかも前売り予約だと、5,000円とさらにお得!イベント期間中の17:30~22:00の時間帯に、参加店舗を訪れ自慢の料理に舌鼓。はしご酒するお店の順番は、あなたの気の向くまま♪ お好きな順番でOKだ!

今回のテーマである「肉」は、残暑厳しいこの時期にやっぱり嬉しい食材。各店の料理長がこだわりぬいた肉料理とお酒のペアリングを、1店舗あたり1,375円(前売り1,250円)という価格で愉しめるなんて、コスパも抜群!
さらに、全店舗はしご酒が完成し、”手形”をゲットできたら、後日、お好きな店舗のランチもついてくる。

それでは「神楽坂ほろ酔い散歩」できる4店舗をご紹介しよう!

『神楽坂和らく』

黒毛和牛のDELICIOOUSローストビーフ×森ワイン

神楽坂・築土八幡の裏路地に佇むレトロモダンな一軒家レストラン。和室・洋室・カウンターがあり、用途にあった席を選べる。デートはもちろん、接待やお祝いごとにもぴったり。和洋折衷の落ち着いた空間で、日本庭園を眺めながらゆったりと食事を楽しめる。

「黒毛和牛のDELICIOUSローストビーフ」

黒毛和牛ローストビーフに特製デリシャスソースを添えて。ワイン一緒に洋を楽しんで。

※新宿区筑土八幡町1-3

『神楽坂おいしいんぼ』

国産鴨ロースの番茶燻製×生ビール

情緒あふれる石畳の小路に、ほんのり行灯に照らし出された黒板塀が、神楽坂の旧料亭の風情を感じる同店。昭和の面影そのままの畳を配置、あたたかみのある照明の空間は、いつでもゆったりとした時間が流れている。

「国産鴨ロースの番茶燻製」

番茶の茶葉でしっかりと燻った鴨ロースの燻製を、季節料理と一緒にいただく。ビールがすすみそうな一品だ。

※新宿区神楽坂4-8

『神楽坂久露葉亭』

江津まる姫ポークの瓦焼き 塩だれで×日本酒

神楽坂の賑いから裏路地に少し足をのばせば、田舎情緒の佇まい。店内2Fの畳の大屋敷にある襖には、島根の伝統芸能「石見神楽」の「大蛇」が描かれている。襖6枚にわたる大迫力の襖絵は、神楽坂の新たな名物に。来店の際には、襖にも注目して欲しい。

「江津まる姫ポークの瓦焼き 塩だれで」

ハフハフ言いながらその味を楽しみたい。丁寧に育てられたまる姫ポーク、アツアツのうちに召し上がれ。

※新宿区神楽坂3-6-53

『瓢箪坂おいしんぼ』

国産ダチョウのpremiumローストリッチ×カクテル焼酎

賑う喧騒から離れた路地に佇む、『おいしんぼ』の新たな姉妹店。旅館を改装した店内には、洋間と畳部屋があり、畳部屋にある"コ"の字カウンターは、神楽坂にぴったりの昭和の懐かしさを感じさせてくれる。料理人との会話も粋な楽しみ方だ。

「国産ダチョウのpremiumローストリッチ」

牧場で育った国産のダチョウのローストが、特製白木箱に入っている。見た目のかわいさは女性にとって嬉しいポイントの1つ。

※新宿区白銀町2-3

■イベント概要

イベント名:「神楽坂ほろ酔い散歩」
日程:8/22(月)~8/27(土)
時間:17:30~22:00
費用:ひとり5,500円(税込)※前売予約の場合は5,000円(税込)
電話:03-3269-0779(『神楽坂おいしんぼ』)
備考:4店舗全て制覇した場合、好きな店へおすすめのランチに招待※9/30(金)まで


【アンケートを実施中!】(募集期間:2016.8.16~2016.8.30)
■「教えて下さい、あなたのお仕事事情!」回答はこちら


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ