本日オープン!“赤プリ”跡地の新ホテルをどこよりも詳しく徹底リポート!

長年“赤プリ”と呼ばれ愛されてきたあのホテルの跡地に、本日7月27日、『ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町』がオープン。

そこで完成したての館内に『東京カレンダー』ホテル担当のライター・大石智子が潜入。その全貌を撮りおろし写真とともにリポートします!

ホテルが位置するのは、同じく7月27日にオープンする複合市街地『東京ガーデンテラス 紀尾井町』の高層フロア。

つい最近まで、“赤プリ”の解体工事(2012年6月〜2013年7月)が行われていたかと思ったら、いつの間にかこんな立派なビルが…。溶けるように、徐々に静かに姿をなくした解体工事も話題を呼びましたね。

運営は前ホテルと同じプリンスホテルズ&リゾーツです。そう聞くとどうしても従来のプリンスホテルのイメージが浮かびますが、この新ホテルは、正直そのイメージを覆す別モノなのでした。

クルマ寄せに着くと、ホテル名の下に“THE LUXURY COLLECTION”の文字。実はこのホテル、スターウッドの最高級カテゴリーである「ラグジュアリーコレクション」に東京で初めて加盟したのです。

エレベーターでいよいよ36階のレセプションへ。そしてその扉が開くと…

「おぉ…、どこに来た??」となるような光景が広がります。

一瞬にしてこのホテルにかけるプリンスの気迫を感じました。近年稀にみるコンサバじゃないデザイン。宇宙船のようなミュージアムのような、アジアの景気のいい都市にいるような気持ちにもなる。従来のイメージのプリンスホテルじゃありません。

見ての通り、一番の違いはインテリアデザイン。内装は世界のさまざまな建築プロジェクトを手掛ける「ロックウェル・グループ・ヨーロッパ」が担当し、同社が日本のホテルをデザインするのはこれが初めてのことです。

「ロックウェル・グループ・ヨーロッパ」がまず本領を発揮したのが、ホテルの顔とも言えるラウンジ。天井高9mに渡る空間の両壁にグラスアーティスト・野口真里さんの作品を配し、滝のように連なるガラスの向こうにはバーカウンターと夜景を臨む巨大な窓があります。

35階に位置するバーカウンターのスツールに腰かけてみると未体験の浮遊感に包まれ、あっという間に時間が経ってしまう。巨大な額縁の内側にいるようでもあります。

そう初っ端から気分が上がりますが、この浮遊感は次に見るお部屋でも感じることに。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ