SNSでいいねが殺到!女子会で盛り上がれる春巻3選

食材によって、表情や味わいを変える春巻きは自由度が高く店の個性が発揮される一品。今回は強烈な個性を放ち、テーブルにのった途端に女子の感嘆の声が上がるであろう、個性派春巻をご紹介しよう!

冬瓜と石垣ピーチパインの揚げ春捲き ¥600

固定概念をぶち壊す!『チャイニーズファンよだれ鶏』

骨太な地方郷土料理と発想豊かな手作り点心が評判の店。中でも、想定外のはじけぶりを見せるのが春巻。

この店で注目すべきなのは、デザート風春巻!まず、見た目のインパクトが衝撃的なのは「冬瓜と石垣ピーチパインの揚げ春捲き」。糖度が高く桃の香りがするピーチパインと冬瓜をジャム状にトロトロになるまで煮込んだものが具。飯田徹也シェフ曰く「空気を含むように巻くのが軽さのコツ」だとか。

雲南トリュフと3種ベリーの揚げ春捲き ¥600

フレンチのデザート風に3種のベリーソースと軽快な歯触りと共に広がる仄かなトリュフの香りが印象的。

具はイチゴ、ラズべリー、ブラックベリー、つなぎに女子が大好きなアボカドを入れているという憎い演出!黒酢の酸味との組み合わせも独特で味わい深さも。中華の枠を超えた一品を体験せよ!

四川式フォワグラと野菜の生春巻き。ディナーコースの1品

まるでクレープ?な春巻きに驚愕!『中国菜飄香 麻布十番本店』

オーナーシェフの井桁良樹氏は、本国でも忘れられつつある、古くからのレシピの再現を大切にしている。『中国菜飄香』は四川の伝統ある料理をベースに、現代のエッセンスを融合させて料理が食べられるお店。

その代表が、強力粉を水と塩で練った生地を、フライパンに押し付けるようにして焼いた皮で包んで頂くクレープのような見た目の生春巻。

フォワグラの赤腐乳マリネ、イチジクの桂花陳酒コンポート、チシャトウのピクルス、甜麺醤、唐辛子のジャムを柔らかな皮で巻いた春巻や、あるいはハスの実餡や青梅を巻きデザート風に食べる提案!新しすぎる見た目に女子ならずとも歓声があがること必至!

ホワイトチョコの紹興酒アイス 紹興酒風味の青梅とハスの実餡のクレープ添え ¥700

紹興酒で青梅を煮たら、そのシロップに生姜を加えてジュレ仕立てに。アイスクリームは紹興酒とホワイトチョコレートのハーモニーが絶妙だ。和洋中が調和するひと皿に仕上がっている。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ