日比谷限定! 累計10万食突破の冷やしシリーズ「冷やしトマトかつ丼」が大人気

6月に入り、”はしりの食材”や”季節先取り夏メニュー”をいくつか紹介してきた。貴方はもう夏メニューを試してみただろうか?

今回は『かつ吉』の日比谷店限定メニュー「冷やしトマトかつ丼」をご紹介! こちらは先月からメニュー展開され、販売からわずか3週間で100食を突破したという人気商品。

そして9/30(金)までの間は平日17:00以降限定で、サイズもプライスも半分になった"ミニサイズ"も販売中!

"冷たいかつ丼"と聞いて驚く人は、きっと多いはず。しかし『かつ吉』では「冷やしかつ丼」の販売開始から今年で15年が経つ。もはや夏の定番メニューとして確固たる地位を確立しているのだ。

そんな冷やしかつ丼シリーズの日比谷店限定メニューが「冷やしトマトかつ丼」だ。コンセプトは、"食を通じて美しく、そして涼しげに"とのこと。

都心で懸命に働く人々の免疫力を高め、且つ美しく、ストレス社会を乗り越えていただきたい、という願いが込められているそうだ!

トマトには美肌効果があり、夏野菜の彩豊かな見た目からも元気になることから、特に女性に人気だ。

酸味、旨味、深みにこだわった、トマトの赤い出汁でいただく。夏バテ気味にも、飲み会後の小腹満たしに最適!

夏は通常のかつ丼だと重い……と感じる人へ

鹿児島・枕崎産の鰹節と、北海道産の真昆布を使用した自家製の出汁と、トマトから作る天然の特製だしを併せ、白味噌、塩麹、輪島の海塩、醤油などの調味料で味をととのえる。

注文が入ってから揚げる熱々のとんかつに、素揚したなす、アスパラ、れんこん、刻みタマネギを添えて、特製の出汁をかけて堪能する。

トマトに含まれる、紫外線から肌を守る抗酸化作用と、ストレス軽減効果のある「パントテン酸」「ビタミンC」「GABA」で、梅雨のジメジメをふっ飛ばし、今年の夏を乗り切ろう!

「冷やしかつ丼」は今年で15周年。累計販売数は100,000食超!

各店オリジナルの「冷やしかつ丼」も販売中

都内に3店舗で営業している『かつ吉』。日比谷の他、渋谷と丸ノ内でも、違う「冷やしかつ丼」を提供している。

渋谷では「冷やしカレーかつ丼」。揚げたてのロースかつに、なす、カボチャ、オクラ、トマト、刻みタマネギを添えて、香り高いカレースパイスの効いた冷製和風出汁で仕上げたもの。

丸ノ内では「冷やし辛みそかつ丼」。鰹節と真昆布を使用した特製出汁に複数の味噌をブレンドし、白ねぎ、かいわれ大根、きくらげ、温泉卵を乗せて仕上げている。

渋谷店限定「冷やしカレーかつ丼」

新丸ビル店限定「冷やし辛みそかつ丼」

入口の看板、額縁、蕎麦猪口などには、江戸時代に江戸城(皇居)まで水を運んでいた"水道木管"を装飾品として用いている

テーブルや支柱にはケヤキなどの無垢材、梁材には古材を使用し、"本物の木"にこだわった温かみのある内装

都営地下鉄「内幸町駅」に直結! 雨の日も濡れずに行ける

■店舗概要

店舗名:かつ吉日比谷国際ビル店
提供期間:6/8(水)~9/30(金)
場所:千代田区内幸町 2-2-3 日比谷国際ビルヂング B1F

価格:
冷やしトマトかつ丼(鹿児島産香潤鶏)1,400円/ミニ 780円
冷やしトマトかつ丼(岩中豚ロース) 1,600円/ミニ 880円
冷やしトマトかつ丼(岩中豚ひれ)  1,700円/ミニ 980円
※なおミニサイズは、平日17:00~のみ販売

URL:http://www.bodaijyu.co.jp/restaurant/hibiya/

※渋谷店
http://www.bodaijyu.co.jp/restaurant/shibuya/
※新丸ビル店
http://www.bodaijyu.co.jp/restaurant/shinmaru/

東カレWEB採用


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ