泡酒ラバー注目!シャンパンとの相性完璧な幻の仏産牛ステーキを発見

東急世田谷線・松陰神社前。閑静な住宅街だが、近年、本格的ビストロがひしめき合う隠れグルメスポットでもある。

そんな松陰神社前に徒歩1分のところに、新たな”肉の名店”が5月に誕生した。ワインダイニング『肉とワインの店 VIANDO(ヴィアンド)』だ。

東カレでもおなじみ『加藤牛肉店 シブツウ』の初代店長・前川泰輝氏がシェフに就任。前川シェフのご推奨は”希少種肉ステーキ”を噛みしめながら、シャンパンをたっぷり味わうスタイル!ぜひ見事なペアリングをお楽しみあれ。

オーダー率9割超!「フルール・ド・オーブラック」のステーキ

VIANDOのメイン食材は「フルール・ド・オーブラック」というブランド肉。年間1,250頭ほどしか生産されない、とても希少なフランス牛だ。肉質のキメ細かさはもはや芸術品の域である。

2013年に解禁された牛肉で、日本での認知度はまだ低いが、地元パリでは大人気のブランド牛である。

和牛と違い、サシや脂がほとんどなく、サーロインでも赤身の部位と錯覚するほど軽いのが特徴。ミルキーで非常にキメの細かい肉質と、微かにハーブのニュアンスが感じられる味わいは、これまであまり経験したことがない肉である。

その特徴を最大限に引き出すため、ステーキはすましバターで焼き上げ、6種類の薬味を合わせていただく。

どれにしようか迷ってしまうほどの豊富なラインナップ

ステーキにはシャンパンが常識?!になりそう。
見事なペアリングをお試しあれ

「フルール・ド・オーブラック」の軽くあっさりとした肉料理には、ブルゴーニュのピノノワールなど、エレガントなワインがよく合う。しかしここでは、シャンパンを合わせていただきたい。

かつて西麻布のシャンパンバーで店長をしていたスタッフが、ステーキに合うこだわりのシャンパンを取り揃えている。厳選したシャンパンとステーキのペアリングは、お見事のひと言!!既にリピーターが続出しているほどだ。

おすすめは、年間70,000本という少量生産の「ダミアン・ウーゴ・ブラン・ド・ブラン」。シルクのような滑らかな口当たりと、蜂蜜のようなふくよかさが特徴のシャンパンだ。

いつもはステーキにワインを合わせている貴方も、この店ではぜひシャンパンで召上れ♪

「本場フランス産フォアグラのロッシーニ」

アラカルトメニューも豊富

ステーキ以外のアラカルトメニューがとても充実している。サラダやリエット等のアミューズメニューは、500円から用意されコスパも抜群。

おまけにメインディッシュの1つ「牛バラ肉の赤ワイン煮込み」は、3日間も手間暇をかけてじっくり煮込んだ代物だ。

3種類の部位を食べ比べできるステーキの盛合せや、肉の名店が作る本気のビーフカレー等々。貴方のお気に入りのメニューが必ず見つかるだろう。

■メニュー一例

【ドリンク】
☆ダミアン・ウーゴ・ブラン1,000円/1グラス、
★今月のおすすめシャンパン
・オリゾン・ブラン・ド・ブラン・ブリュット・ドメーヌ・パスカル・ドケ 11,000円/1ボトル
・ベリーズ・キュヴェ・UK・グランクリュ・マイィ 13,000円/1ボトル
グラスワイン(赤、白)700円~1,000円、ハートランド生ビール 700円、各種カクテル 600円~

【アミューズ】
フルール・ド・オーブラックを使った牛肉のリエット 500円、カラフルトマトのカプレーゼ 1,000円、季節の野菜 シャンパンビネガーのバーニャカウダソース 1,000円

【メイン】
ステーキ3種盛合せ(シンタマ、サーロイン、フィレ)5,900円、ふわふわ卵とフォアグラのソテー 黒コショウソース 1,400円、牛バラの赤ワイン煮込み 1,400円 etc...

「カラフルトマトのカプレーゼ」

「季節の野菜 シャンパンビネガーのバーニャカウダソース」

レンガ張りの落ち着いた店内の壁一面にはワインセラーが設置。メインテーブルは大きくてゆったりと利用でき、1人でも利用できるようカウンター席も完備。21:00までは全席禁煙のため、お子様連れにも安心。

■店舗概要

店名:肉とワインの店 VIANDO(ヴィアンド)
住所:世田谷区世田谷 4-2-14 SAKAIビル 1F
定休:月曜
時間【火曜~土曜】17:30~26:00
  【日曜】17:30~23:00
電話:03-3428-6448
URL:https://www.facebook.com/viando.jp/(Facebook)

東カレWEB採用


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ