シンガポール料理人気さらに加速!食べるフィットネスを堪能できる新店登場

2015年のグルメシーンを賑わせたシンガポール料理。今年もその人気は継続中!なかでもシンガポール政府観光局認定第1号店となった、恵比寿の『新東記』は、今や大変な人気店だ。

この度、その姉妹店『新東記 クラーク・キー』が、5/9(月)に竣工したばかりの「大手町フィナンシャルシティ グランキューブ」にオープン!

「ふかひれシンガポール式黄金コラーゲンスープ姿煮込み」には、最高級の青鮫が使用されている。

食べるフィットネス?!新しいコンセプトのシンガポール料理の誕生!

今回のオープンした『新東記 クラーク・キー』の特徴は、新陳代謝やデトックス効果が高いと言われる食材をふんだんに使用しているところだ。
ジンジャー、チリ、シンガポールスパイスをテーマとし、辛いだけではなく香り高い料理の数々を提供してくれる。

まずはおなじみのタイガービールで乾杯し、こだわりの国産ワインとのペアリングも楽しんでみたいものだ。女性はもちろん、美意識が高い男性にも是非食していただきたい料理たちだ。

店名の由来は、シンガポールの人気グルメスポット。

シンガポールで人気のグルメスポットである、リバーサイドにある「クラーク・キー(CLARKE QUAY)」から付けられた。

夕暮れになると、一日の疲れを癒そうと沢山の人々が集まってくる人気エリア。夜な夜な、あらゆる種類のローカルフードを食べて盛り上がる、シンガポールナイトの雰囲気を日本でも味わえるよう、ネオン輝く雰囲気に仕立てている。

シンガポール料理の定番の1つ「ジンジャーチキン」。若鶏をじっくり蒸らしたものだ。
ヘルシーながら、深い味わいも感じられる絶品メニューのひとつだ。

トマトの酸味とチリの辛さが効いたシンガポール伝統の味「チリクラブ」

「サテー」とは東南アジアの焼鳥。熱々の鉄板スタイルで味わおう

「マーライオンパフェ」1,100円

シンガポールといえば、マーライオン!それをモチーフとした「マーライオンパフェ」は、お食事の最後の締めくくりにどうぞ。

「コース料理」は、3,500円からご用意

キュウリサンバル

28年もの経験を活かし、本物思考のシンガポール料理に新しいエッセンスが加わる!

中里卓シェフのプロフィール

今回、お店を任された中里シェフ。
グランドプリンスホテル赤坂、ヨコハマグランド インターコンチネンタルホテル、ウェスティンホテル東京、ウィシュトンホテルなど、一流ホテルの厨房を経験。

2003年、グランド ハイアット 東京『チャイナルーム』に開業メンバーとして参加し、2007年からは料理長を務めた。

■新店概要

店名:『新東記クラーク・キー』
所在地: 千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ1階
電話 : 03-6262-5595
アクセス: 地下鉄大手町駅直結
定休日 : 日曜・祝日
営業時間: 平日11:00~15:00 17:30~23:00
      土曜11:00~22:00
店舗面積: 20坪31席(+テラス20席)
平均予算: ランチ 1,000円 ディナー 4,500円
URL   : http://www.sintongkee.jp


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ